« 「工」の用地杭 | トップページ | がらがらのコキ »

2012年6月26日 (火)

今日の鉄分

帰宅後、475系のインレタ貼付を少し。サハシ455とサロ455に番号を貼付して手持ちの7両に番号が入りました。これから所属表記や定員、検査表記など小さなものを貼っていく予定です。

ネットで購入した「国鉄時代」vol30に南薩鉄道の写真が掲載されていました。伊集院駅に停車中のキハ300とキハ100は旧塗色のクリームと青。1956年の撮影とのことです。手前の国鉄線に比べて線路の細いこと。また、加世田に憩う煙を吐いた1号機関車の姿も。同じ年に撮影された西鹿児島駅前の鹿児島市電の写真は車両もさることながら自動車や町の姿も興味深いものでした。

同じ本にトラムウェイの広告が掲載されていました。2013年上半期にC12とEF70発売予定とあります。国鉄時代を再現する選択肢が増えるのは嬉しいことです。C12では指宿枕崎線や高森線が再現できそうです。

|

« 「工」の用地杭 | トップページ | がらがらのコキ »

南薩鉄道」カテゴリの記事

コメント

C12といえば全検切れのC56の代わりに、はるばる北海道から吉松機関区に転属してきた225号機。
我が牧園町に静態保存されてましたが、解体されたようです。
保存場所が実家からは遠いので数回しか見たことがなかったです。
KATOのC56みたいに運転室にモーターが食い込んでなければ予約しようと思います。

投稿: 元肥薩線沿線民 | 2012年6月27日 (水) 21時11分

中学生の頃あまり情報がない中、吉松駅を訪ねた際、見慣れないC12が構内で入替作業をしているに驚いたことがあります。構内にはD51の廃車体が置かれ、蒸機末期を感じながら駅を後にしたことを覚えています。そのC12が牧園町にも保存されていたこと、初めて知りました。解体されたのは残念です。

投稿: Nakachan | 2012年6月30日 (土) 06時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の鉄分:

« 「工」の用地杭 | トップページ | がらがらのコキ »