« 側面が終わりました | トップページ | 妻板表記貼付 »

2012年7月15日 (日)

ラストラン

車両更新をすることにしました。10年を超える頃から少しずつ修理を伴う不具合が起こるようになり、17年目となる今年、運用を続ける限界を感じるようになりました。車両更新もそう遠くないだろうと走行に支障のない不具合は修理をせずにきました。本日新たに貨物室ドアノブが反応しなくなりました。

ちょうど1週間前、475系の側面インレタ貼付を終えた後、販売店へ出向き、試乗。価格交渉もそこそこに契約をしてきました。今回もディーゼルカー。しかし、今運用している車両のエンジンとはまったくもって別物。ガソリンエンジンと変わらないようなクリーンさと静粛性、そして圧倒的なトルクが引き出す加速力は航空機の離陸のよう。それでいて優れた燃費性能。車も進んだものです。

初めて来店して2時間ほどで“ご成約記念品”をぶら下げて帰ってきましたので、販売店にとってはおいしい客だったかも知れません。

甲種回送まで4ヶ月を要するようです。営業マンは申し訳なさそうにしていましたが、今乗っている車とじっくり最後のつきあいができるよい間合いとなりそうです。

|

« 側面が終わりました | トップページ | 妻板表記貼付 »

その他」カテゴリの記事

コメント

確か6月初旬に修理されたと聞きましたから、もうしばらくは乗られるものと思っておりました。
同系列車に20年乗った私としては、旧型車が姿を消すことは寂しく感じます。
現在の車に比べると質実剛健な造りで、ある意味の不合理さが個性となっていた時代の産物かも知れませんね。

投稿: hvcc | 2012年7月16日 (月) 20時19分

6月の修理は大きな出費でした。これまでこのような出費を続けてきましたので、ここで踏ん切りをつけました。30万キロまではと思っておりましたが、その30キロも超え32万キロに達しようとしています。根本的な痛みはなく、ボディーも輝きを失わないのは流石だと思います。ただ必要となってくる消耗関係の修理交換のコストは大きく、長い目で見るとここで更新するのがバランがよいと判断したところです。

投稿: Nakachan | 2012年7月16日 (月) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラストラン:

« 側面が終わりました | トップページ | 妻板表記貼付 »