« 寅次郎真実一路 | トップページ | 運良く貨物と »

2012年8月18日 (土)

お盆休みは

お盆休みが取れましたので、熊本や福岡へ行ってきました。列車でといきたいところですが、家族が一緒であることと目的地へのアクセスを考えると自家用車しか選択肢がありません。最近の遠出は家内の車です。私の車は古い上にETC未装着、カーナビデータ古すぎ等々、完全に第一線を退いてしまいました。

福岡ドームで行われるナイターへ向かうまで、博多駅にあるアミュプラザ博多で時間を過ごすことになりました。私は一人、一時間ほど博多駅ホームで列車鑑賞。次々に発着する特急列車や普通列車を見ていると九州の鉄道車両の豊かなデザインに時間の経つのも忘れてしまいます。

博多阪急では「鉄道模型フェスティバル2012」が開催されていました。ネットで事前に調べていましたので、ここへは家族で入場しましたが、子どもたちはさして関心はない様子。家内だけは幸いなことにまったく関心がないというわけではなさそうでした。

会場外の即売所ではサボや運転士用運転時刻表、発車案内表示幕などの実物も販売されており、数人の若いファンが買い求めていました。タブレットやブレーキハンドルなどの鉄道用品を模したキーホルダーがあるんですね。

最終日は阿蘇方面へ。集中豪雨の爪痕が痛々しく、立野では大規模な崩壊により豊肥線や付近の住宅などが飲み込まれた様子を目の当たりにしました。もうしばらくで部分復旧するようですが、完全復旧には約1年を要するとのこと。

写真は天賞堂のキハ52です。こうして見ると車体が長いですね。キハ52と言えば山野線での活躍が印象に残っています。薩摩布計をサミットとする急峻な山越え区間をエンジンを震わせながら、右へ左へと伸びる線路に喘いでいた姿を思い出します。

Dsc_0569

|

« 寅次郎真実一路 | トップページ | 運良く貨物と »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
いつも愉しく拝見させて頂いております。
アクセスが兵庫県というのはわたくしが多いのかも知れません(笑)

さて、コメントさせて頂こうと思いましたのは、
云うまでもなく標題にあるキハ52に関してなのですけれども、
旧い記憶で申し訳ないのですが、
キハ52(ひょっとしたらキハ20かも)の貫通扉が、
運転席窓の上辺と同じ高さに合わせてある車両があったように記憶しています。
昔の鉄道ジャーナルの南九州のローカル線の特集に写真があったような。。。
流石に模型の世界ではそこまで再現されないんでしょうね。

思いつきのカキコですみません。。。

投稿: ひょん君 | 2012年8月19日 (日) 17時51分

ひょん君様、初めまして。
更新が滞りがちで申し訳ございません。
貫通扉につきましては、同じジャーナル誌だったのでしょうか、窓位置の高い扉を付けた車両があったのを見た覚えがあります。記憶が定かではありませんが、キハ58系のものを流用したとの記述があったようにも思います。確認できましたらまた書き込んでおきます。これからもどうよろしくお願いします。

投稿: Nakachan | 2012年8月19日 (日) 20時58分

なかちゃん様

早速にレス頂きまして有難う御座いました。

キハ58系の扉の流用でしたか!
そこまでは覚えておりませんでした(笑)

同誌については自宅の奥に山積みにしてますんで、
暑い夏が終わったころにでも掘り返してみたいと思います。

余談ですが、上記URLで私のコーナーを
管理人さんのご厚意で設置させて頂いておりますんで、
ご高覧頂ければ幸いに存じます。

今後とも宜しくお願い致します。

投稿: ひょん君 | 2012年8月20日 (月) 22時04分

管理人様、こんばんは。残暑お見舞い申し上げます、過日北薩方面へ出かけてきました。予定外だった事に加えて単独行動ではなかったので鉄分は考えていなかったのですが補給は大事です。アレコレと言い訳を付けてまずは高城温泉ワフです、以前初めて訪ねた際に発見した車輪レール付き。腐食は尚も進んでいましたが再確認しましたら設置日時がH元年7月で分ノカの標記、延岡駅常備?だったのでしょうか。次に出水駅、C5692は相変わらずの状態良好を確認して999を捜索。車両基地の最も本線寄りで休息していました、銀河超特急を牽引したアレよりも少し小振りなC61も滞在していた事に想いを馳せます。鉄とは無縁だと観念していましたが補給率999%の嬉しい1日でした、南国交通の平成版ボンネットバスも居ましたし。

投稿: 夢幻鉄道 | 2012年8月20日 (月) 23時10分

ひょん君様
ひょん君様のコーナー拝見いたしました。まだ一部ではありますが、私がどっぷり浸かっていた国鉄時代の光景の数々に時計が戻ったような錯覚に陥りました。線路端で列車を待っている気持ちまで伝わってくるような気がしました。これからも訪問させていただきます。ご紹介ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

夢幻鉄道様
高城温泉にワフがいるんですね。知りませんでした。個人の所有なのでしょうか。車輪、レール付きとは有り難いことです。熱中症予防に水分補給は欠かせませんが、私たちにとって鉄分補給は同等以上かもしれませんね。

投稿: Nakachan | 2012年8月23日 (木) 06時07分

キハ52 0番台は小学生の時に1回だけ乗った記憶が有ります。
照明が蛍光灯ではなく電球なのと排気管が車両の中央部にありましたね。
あと、速度計の形が丸ではなく四角だった気がします。
JRQでも1両動態保存して欲しかったなぁ。

投稿: 元肥薩線沿線民 | 2012年8月27日 (月) 18時43分

元肥薩線沿線民様
キハ52 0番台。よく観察していらっしゃいますね。ほんのり電球色の光を放つ丸いグローブ。あの頃の車内を思い出します。

投稿: Nakachan | 2012年8月28日 (火) 05時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お盆休みは:

« 寅次郎真実一路 | トップページ | 運良く貨物と »