« 霧島 | トップページ | 43系のインレタを先に »

2012年10月14日 (日)

ベンチレーター取り付け

先日、地元新聞に砂浜を歩くキツネの記事が写真入りで載っていました。へえ、キツネがいるんだと思っていたのですが、今朝、私も目撃しました。朝、5時頃のこと。自動車を走らせていましたらきらっと光る二つの光。タヌキかなネコかなと思っていましたら、ヘッドライトに浮かび上がったのはすらっとした足をもつ正にキツネ色をしたキツネでありました。辺りには県営住宅もある住宅街。こんなところにもキツネがいるんですね。

今日は、地元の運動会。朝から懇親会まで終日関わることになりました。参加している人が少ないのが気になりましたが、楽しく過ごすことができました。

今日の鉄分は運動会の前後の時間を使って行ったベンチレーター取り付け。ジェイズのスエード調スプレーで塗装した屋根に塗装したベンチレーターを取り付けました。ベンチレーターの塗装はMr.COLORの13ニュートラルグレーをエアブラシで行いました。これから実物の写真を見ながら、屋根の色を整えていきたいと思います。

キャンバス屋根の継ぎ目を井門氏のブログを参考に表現したのですが、いろいろ実物写真をチェックしてみると5枚のキャンバスで覆っているようで、中央の線はエラーではないかという結論に至りました。雰囲気を味わう習作ということで目をつぶることにします。

さて、大問題が。車体ナンバーはなんとか転写したのですが、細かいインレタはまったくだめです。もうあきらめました。他に転用できるものもありませんので、無表記でいくしかありません。カトー製模型のインレタはどうもよくありません。20系然り、43系然り。43系のインレタは購入後すぐ転写したのはよかったのですが、現在では惨憺たる状態です。トミックス製は何の問題もないのですが、カトー製はクリアを吹いて定着させるのは必須の処理のようです。

Dsc_0262

|

« 霧島 | トップページ | 43系のインレタを先に »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。旧式客車が少しずつ管理人様仕様へと変化する様子を楽しく拝見させて頂いております。旧客という表現が趣味誌等で一般的になったのは運用末期の80年代に入ってからでしょうか?。少なくとも70年代中期までは定期夜行急行かいもん日南は「一般」客車編成だった訳ですが、。50系が登場した辺りから便宜上「旧客」とする様になったのかも知れませんね。ぶどう色2号と青色15号、今となっては懐かしくも新鮮な車体色に見えて参ります。間もなくSGが使用されたシーズンになりますね、それにしても弄り甲斐のある個性豊かな車両たちです。

投稿: 夢幻鉄道 | 2012年10月15日 (月) 20時58分

夢幻鉄道様
旧型客車(旧客)という表現がいつから使われ始めたのか考えたことがありませんでした。20系や12系などの固定編成客車に対して一般客車と呼ばれたのでしょうか。その頃はまだ旧型ではなく立派な現役ばりばり車両で、おっしゃる通り置き換え用の50系が出た頃になるのかもしれませんね。

投稿: Nakachan | 2012年10月17日 (水) 06時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベンチレーター取り付け:

« 霧島 | トップページ | 43系のインレタを先に »