« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

カーオブザイヤー

11月3日に新製配置されたDCが嬉しいことに2012~2013のカーオブザイヤーを受賞しました。昨年、新聞の経済面にマツダから発売予定の新型SUVの小さな記事が掲載されているのが目にとまり、パジェロの後継車両として注目していました。パジェロはいい車ですがさすがに経年による修理が多くなり、買い換えの必要性を感じつつも、後継車両がみつからない状態が続いていました。小さな新聞記事に掲載されていた車は、正に私が求めていた車のようでありました。大きくなく、燃費がよく、四駆であり、動力性能が良く、できたら燃料費のことを考慮してエンジンはディーゼル。どんぴしゃりの車でした。パジェロの高い運転ポジションと見切りの良さは運転する楽しさを倍加させてくれるものでしたが、新型SUVはほどほどの運転席の高さと見切りを重視した設計により、それに近い環境を生み出していました。この車しかないと思うまでになりましたが、問題は資金面。子どもたちの教育費の比率が高くなっていく家計にあってどうかと半分あきらめていましたが、何とか調整がつき、せっかくだからということでフル装備の仕様にオプションもいくつか加えて発注することになりました。それが7月初めのこと。納車されたのは11月初め。4ヶ月を要しました。車名はCX-5。そんな車がローレル賞やブルーリボン賞に相当するカーオブザイヤーを受賞したことはお墨付きをもらったようなものです。これから長いつきあいになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月29日 (木)

ご無沙汰してました

いつの間にか11月も末。職場のホームページは毎日更新しているのですが、こちらの方が疎かになってしまい、すっかりご無沙汰になってしまいました。

寒さと週末天気が悪いなどの理由で、その後オハ35系の塗装作業等はまったく進んでいません。変化といえば、これからの塗装作業に備えて、塗装ブースを購入しました。これまでミストや気化した溶剤との闘いでしたので、作業環境が改善され、健康の上からも安心して作業ができるようになりそうです。

また、17年ぶりに更新したDCの運転にも1ヶ月近く経ち、ようやく慣れてきました。運転しやすい車だとは思うのですが、ハンドリングやミッションの設定の違いで戸惑うことが多く、最初のうちはかなり疲れました。パジェロの時もその前に乗っていた車との違いにかなり疲れましたので、車を乗り換えるときに通らなければならない壁なのかもしれません。2200ccのクリーンディーゼルでメーカー公表のJC08モードの燃費は18キロ。満タン法で1回目の給油ではリッター15.8キロ。2回目の給油ではリッター15.4キロという結果でした。市街地走行や峠越えも含まれるコースですので、高速道などを含むコースによってはまだ燃費は伸びるのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

かごでん

おはら祭りで見かけた鹿児島市電の新しい観光電車です。公募により「かごでん」という愛称がつきました。鹿児島らしく少しごつい感じの語感でいい愛称がついたなと思います。101号と車体には表記があり、同じく「百之壱」とも。お披露目ではありますが、何故かロールカーテンが下ろされたままでした。

Dsc_0557

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

車両置き換え

今日は11月3日、文化の日。鹿児島市では恒例のおはら祭りがありました。妻と娘が町内会の踊り連で参加しましたので、出かけてきました。いづろ交差点近くで「かごでん」がお披露目されており、遠目ではありましたが初めてその姿を目にしました。鹿児島の新しい風景として親しまれそうです。

午前中の第1部が終わった段階で帰宅し、運用車両の置き換えをしてきました。まだ、燃料が少し残っていましたので、朝早く鹿児島市へ回送する際に、遠回りをしてお別れ運転。自動車会社の駐車場に入れた段階での最終走行距離は324031キロとなりました。長い間よく頑張ってくれました。

Dsc_0634_3
1時間半ほど説明を受けたり、手続きをしたりして新しい車両を引き取ってきました。工場出場からの走行距離は3キロ。手放すことになる日まで何キロ走ることになるでしょうか。

Dsc_0641

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

気動車転属

友人の鉄道からキハ52128が転属してきました。JR仕様で、これからいろいろ手を加えていくのが楽しみな車両です。

Dsc_0535

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »