« オハ35系ひとまず終了 | トップページ | 奇跡の教室 »

2013年1月15日 (火)

運がついた?

車を走らせていたところ、車体から異音が…。フロントガラスに乳白色の液体がへばりついています。異音は天井から聞こえましたので、被害はフロントガラスだけではないようです。途中、スタンドに寄る予定でしたので給油時に被害状況を確かめてみました。フロントガラス、運転席サイドガラス、天井2カ所の計4カ所に鳥の糞がへばりついています。その量からしてアオサギのような大型の鳥の仕業に違いありません。

飛翔中の鳥、走行中の車、広い大地、この三者がシンクロしてついてしまった糞。宝くじとまではいきませんが、確率的にはかなり低いものと思われます。

糞というか運(こ)がついたということで納得することにします。

クリーンディーゼル搭載の新しい動力車の今回給油時に計測した燃費はリッター16.7キロ。ほぼ同じ区間の往復運用での燃費です。途中大小二つの山を越えます。燃費向上を意識して、クルーズコントロールによる定速運転にも心がけました。走行区間は一般道のみ。これまでの最高の燃費となりました。

ちなみにメーカー公表のJC08モードでの燃費は4WDで18キロです。

11月初旬に配置され、これまで2ヶ月半弱の間の走行距離は6500キロほど。前の車に比べると燃料代が少なくなり助かっています。また、アイドリングストップの積算時間が表示されすのですが、その間のアイドリングストップ時間は計約9時間。結構な時間に驚いています。

|

« オハ35系ひとまず終了 | トップページ | 奇跡の教室 »

その他」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。世界中の自動車愛好家諸氏が注目する米デトロイト自動車ショーのニュースが流れました。燃費向上や電気ハイブリッドに凌ぎを削る日本車勢を他所に米大手は6リッターを超えるカマロや豪華装備の大型ピックアップを御披露目している様です。祭りゆえ華やかさは多分に必要でしょうが温室効果ガス削減に消極的な超大国の独り舞台に見えてしまいます。折りから首都圏の道路交通を麻痺させた雪と氷、ある程度までの雪には強い鉄道貨物輸送を今少し政府主導政治の力で増加させてみては如何かと思いました。

投稿: 夢幻鉄道 | 2013年1月16日 (水) 01時04分

産業革命以来、地球の資源をどれだけ浪費してきたかという視点は、現代を生きる人々が皆共有しなければならないものだと思います。かといって今の生活を性急に急転換することは現実的ではありません。しかし、持続可能な社会を構築していくためには目先の利益を超えた長期的な展望に基づいた施策を講じることは子孫に対する私達の義務だと思います。政治、企業の良心と確かな先見性を発揮してもらいたいところです。

投稿: Nakachan | 2013年1月16日 (水) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運がついた?:

« オハ35系ひとまず終了 | トップページ | 奇跡の教室 »