« ニューイヤーコンサート | トップページ | 人間ドック »

2013年1月23日 (水)

燃費

本日の給油時に燃費計算してみるとちょうどリッター当たり16キロ。前回は16.7キロだったので、少々不本意な数値となりました。走行区間の違いもありますが、もう少し伸びるかなと思っていました。

インパネに表示される瞬間燃費や平均燃費の数値がぐっと下がることがあります。ディーゼル微粒子捕集フィルター(DPF)の再生が始まったときのようです。このときはアイドリングストップ可能の表示が消えることでも確認できます。

調べてみると燃焼行程以外の部分で燃料を噴射し、その燃料を使って温度を上げ、たまった粒子状物質を燃やしてしまうという仕組みとのことです。

この機能で予想以上に燃費の低下があるようで、この辺りあまり販売店からの説明はありませんでした。他のことも含めて、営業の方にはもう少し販売する車の専門的な知識を持ち合わせて欲しいなと感じました。

この機能は最近のディーゼルエンジン駆動の鉄道車両にも取り付けられているものがあるそうです。

|

« ニューイヤーコンサート | トップページ | 人間ドック »

その他」カテゴリの記事

コメント

リッター当たり16キロ、立派な値だと思います。
個人的なディーゼルエンジンの概念は、①長期の安定性に優れること、②揮発性が低い燃料のため安全性が高い、などを思い浮かべます。
最近流行のアイドリングストップに関しては、セルモーターやバッテリーの消耗に結びつく要素もありますから、判断に迷うところです。

投稿: hvcc | 2013年1月23日 (水) 22時03分

アイドリングストップはブレーキの踏み具合やギアのニュートラル投入で行うことができますので、信号待ちなどどの程度で機能させればよいのか判断に迷うところです。今のところ満タン法での燃費が15キロ後半から16キロ半ばぐらいまでですが、これにはDPF再生のための燃料消費が含まれます。車の燃費計と実際の燃費から割り出した係数を用いて計算するとDPF再生なしで純粋に走行のために燃料を使う場合、19キロほどになりそうです。カタログのJC08モードでリッター18キロですので、山越えがあるにしても信号が少なく平坦な区間がかなりありますので、これぐらい伸びているのかもしれません。

投稿: Nakachan | 2013年1月24日 (木) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燃費:

« ニューイヤーコンサート | トップページ | 人間ドック »