« 伊作峠の旧道 | トップページ | カブトムシ »

2013年6月17日 (月)

ぶち切れた若者

とぎれとぎれになっている青春18切符を続けます。

<青春18切符の旅>
 青春18切符の残り1回分をプレゼントしてくれた長男は、毎日京王線などで1時間ほどかかる通学を続けています。かなり混むとのことですが、鉄分の多い親としてはうらやましい気もします。

さて、駅弁を買って乗り込んだのは快速日南マリーン号。時刻表ではなんだか特別な列車のように見えます。しばらく待って入線してきたのはキハ40の単行。快速は分かるにしてもマリーン号を称する理由がよく分かりません。単行という輸送力に見合った乗客数で発車。それでも駅弁を開く勇気が出るような雰囲気ではありません。同じボックス席にはしっかり他の乗客が陣取ってきました。

途中駅でワンマンの運転士と若者が何やらやりとりをしています。どうも普通ではないことはそれとなく伝わってきます。やがて若者は降りていきました。が、次の瞬間、目の前にあった駅名標を勢いよく足蹴り。それには窓際の乗客達から一応に驚きの声が起こりました。

それに反応して運転士は、酔っぱらって乗り越してしまったようです、と落ち着いて説明していました。自分の落ち度でぶち切れて駅名標に八つ当たりする若者、そんな若者にも冷静に対処する乗務員。こんな若者の態度に同じようにかっとなっていたのでは、安全に列車を運行することなどできません。

乗務員の乗務員としての適性を見るような気がしました。

Dsc_0022

|

« 伊作峠の旧道 | トップページ | カブトムシ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

かつて内山田駅でも似たような事があったのでしょうか?。木枠を残して肝心の駅名標部分は抜け落ち、更にはコンクリート製の改札口まで角っこが破壊されていました、が。風化した駅舎の雰囲気と相まって少し怖かった記憶がありますよ。

投稿: 夢幻鉄道 | 2013年6月22日 (土) 11時21分

公共のものは大切にしてほしいですね。最近のテレビドラマに出てくる高校生や若者は身だしなみが悪く、やたらと暴力をふるっている気がします。もし、視聴者がこれが普通だと感じたり、かっこいいと感じたりするのであれば、マスメディアは罪深いことをしているのではないかと思います。このような番組は嫌気がさすので見ないのですが、子ども達が見ていることがありますので、つい目に入ってきたり耳に入ってきたりします。

投稿: Nakachan | 2013年6月22日 (土) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぶち切れた若者:

« 伊作峠の旧道 | トップページ | カブトムシ »