« 計量器 | トップページ | 万世線と知覧線が »

2013年8月20日 (火)

キハ58系

KATOは16番の新製品をそれほど積極的に製品化していませんが、再生産をしながら安定供給している姿勢には好感が持てます。国内生産で価格が安定している点もメーカーの基本姿勢が伺え、ユーザーとしては有り難く思っています。

そんな中、キハ58系は需要がありそうな気がするのですが、なかなか再生産されません。再生産されれば増備したいと思っているのですが、他の形式が再生産される中、忘れられたような存在です。

そんな中、天賞堂からカンタム仕様のキハ58系が製品化されるようです。キハ52と同じような仕様になると思われますが、編成が長くなることを考慮して同社の気動車としては初めてトレーラーの設定もあるようです。

|

« 計量器 | トップページ | 万世線と知覧線が »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

キハ58系、私も発売を望んでいます。
初期型、非冷房仕様なら、昭和30年代半ば以降の設定にもマッチしますね。

投稿: hvcc | 2013年8月22日 (木) 07時08分

どのような仕様になるのでしょうか。これまで多種多様なバリエーション展開をしてきていますので、初期型非冷房車の設定もあるかもしれませんね。

投稿: Nakachan | 2013年8月22日 (木) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キハ58系:

« 計量器 | トップページ | 万世線と知覧線が »