« サウンドボックス | トップページ | 補機連結 »

2015年3月18日 (水)

南鉄走る

 先日の日曜日、加世田バスターミナルで南薩鉄道の模型運転が行われました。あいにくの雨模様でしたが、かつて南鉄の車両が行き来した駅構内での運転に感慨深いものがありました。

Dsc_0434
 DD1200を背景にキハ100とキハ300の2両編成とDD1200が牽くミキストの姿です。昨年行われた南薩鉄道100年企画展においてはNゲージによる南薩鉄道車両の運転が行われました。今回の車両は軌間16.5ミリメートルの16番です。県外在住のNさんがペーパークラフトで自作したもの。実に良くできています。バス乗り場上屋の下に設置したエンドレスを快調に周回していました。吹き込む小雨の影響でレールが少し濡れており、若干の勾配ができてしまった部分で空転するという実物まがいの様子まで再現することになりました。

Dsc_0442
 DD1200の牽くミキストです。こちらの機関車もNさん自作。同じくペーパークラフトです。細かい部分まで再現しており、DD12独特のエンジン音が聞こえてきそうな雰囲気です。後ろに続く貨車や客車は県外在住のKさんのもの。写真にはありませんが5号機関車も持参されていました。この客車、某M模型店の製品で高価なブラス製品。その分、重量がかなりあり、実物も非力なDD1200は模型でも牽引に苦労していました。

Dsc_0444
 実物のDD1200の前を進むDD1200の三重連。南鉄にはDD1201とDD1202の2両が在籍していましたので、少々イレギュラー。これも模型ならではのジョークでしょうか。実際は橋梁強度の関係で列車前後のプッシュプルはあっても重連はなかったとか。DD1200を3両も仕上げるNさんの工作力には脱帽です。DD1200に牽かれている客車が気になりますね。

Dsc_0443
 その客車がこれ。ホユニ66です。元になった型紙の上に載っています。これもNさんが作ったフルスクラッチのペーパー製。すごいですね。車体標記もしっかり入っており、当時を偲ぶには十分すぎるほどの出来映えです。

Dsc_0436
 これは言わずと知れたプラレール。手前を走るのはキハ300の2連。後ろの駅に交換待ちをしているのはキハ100の2連です。これもNさんの手によるもの。プラレール車両の上に自作のボディをはめ込んであります。種車(走り装置)は新幹線車両とか。ですからハイスピードにスイッチを倒すとかなりのスピードで疾走します。このプラレールの見所は自動交換装置。駅に入ると交換待ちの列車が入れ替わって発車していきます。そして信号機も連動して赤現示から青現示へと自動的に変わります。

|

« サウンドボックス | トップページ | 補機連結 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南鉄走る:

« サウンドボックス | トップページ | 補機連結 »