« 年次休暇 | トップページ | 新幹線事件に思う »

2015年6月28日 (日)

C12

 今日の地元新聞に1面まるごと使ってかつての鹿児島県内の鉄道の様子が写真で紹介されていました。どれも昭和中期の頃の懐かしいものばかり。これは保存版ですね。切り取ってとっておかねばなりません。その中に南薩鉄道関連のものが2枚。一つは知覧線の蟹ヶ地獄の鉄橋。もう一枚は伊集院駅での様子。伊集院駅では旧塗装のキハ300が写っていました。導入間もない頃の写真で、その頃の賑わいが伝わってくるような写真でした。
 昼前から雨が上がったので、自家用車の車両整備。車庫から引っ張り出し、洗車とワックスがけ、窓への撥水剤塗布を行いました。しばらく桜島の降灰の洗礼と受け、洗車の効果も台無しでしたが、最近はおとなしく今日も澄んだ大気の中で作業を進めることができました。それでも時々、ゴーと山鳴りのような音が響いてくる桜島です。
 写真はトラムウェイのC12とカトーのヨ。カトーからC12及びC56のサウンドカードが出ましたので、サウンド付きで運転を楽しめるようになりました。モーターの作動状況をモニターしながらブラスト音が出ますので、車輪をよく清掃しておかねければブラスト音が不規則になってしまいます。

Dsc_0094

Dsc_0092

|

« 年次休暇 | トップページ | 新幹線事件に思う »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。今年4月の転勤で,桜島に来ております。毎日の地鳴りの音におののいております。
さて,C12の模型,懐かしく見ることでした。私は,C12に思い出があります。少年時代に鹿児島駅の近くに住んでいて,よく機関区にも遊びに行っていました。その時,機関区の職員の方が私たち(友人数名で機関区に行っていた)に「お前達で,この機関車を押して動かすことができたら,機関車をくるっで(差し上げる)!」と言われました。その時の機関車がC12-241だったと思います。友人らと一生懸命押したのを覚えています。もちろん,微動だにしませんでしたが。今は,熊本県に静態保存されていると思います。いつの日か,見に行きたいです。貴重な者を掲載していただき,ありがとうございました。

投稿: JH6WNL | 2015年6月30日 (火) 14時59分

先ほどの投稿で,誤字がありました。
貴重な者 → 貴重な物
誠に申し訳ありません。

投稿: JH6WNL | 2015年6月30日 (火) 15時07分

トラムウェイのプラSL、良くできていますね。
私も8620を複数入手しました。
ぜひ同系のC56も出して欲しいところです。

C12(C56)の良いところは、短い編成の貨車や客車でも絵になることでしょうか。
画像ではヨ1両ですが、貨車に積載が無い休日などには、こうした編成をよく目にしたものです。
SLが運行されていた当時、撮影しようと張り切って待っている訳ですから、落胆したこともありましたが、今となっては得難い写真となりました。

投稿: hvcc | 2015年7月 1日 (水) 06時38分

JH6WNL様、お久しぶりです。桜島にいらっしゃるんですね。当地にも桜島が発する地鳴りのような響きが時折、響いてきます。そちらにおいてはその響きのレベルがまったく違うものと思います。ヘルメットなど常備品でしょうか。C12にまつわるお話、ありがとうございます。今の世の中では考えられないようなことですね。上司のお父様が吉松に赴任にしていた頃、吉松機関区で蒸気機関車の前で記念撮影した写真があったとか。その写真、構内で蒸気機関車の体験運転をした後に撮った写真とのこと。古きよき時代のおおらかさが伝わってきました。
hvcc様、いつもコメントありがとうございます。hvcc様ご存知の南さつま氏のA氏が、ぼくはタンク機関車にしか興味がないとおっしゃっていましたが、C12が牽引する列車を眺めているとその気持ちが分かるような気がしました。テンダー機関車にはない素朴な味わいがありますね。走行性能を含め、このトラムウェイのC12はよくできていると思います。指宿枕崎線のC12、そして山野線末期に入ってきた北海道のC12が私の現役時代のC12の思い出です。

投稿: Nakachan | 2015年7月 1日 (水) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: C12:

« 年次休暇 | トップページ | 新幹線事件に思う »