« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月30日 (日)

台風15号の猛威

 所用があり、加世田に行ってきました。途中、台風15号の猛威による倒木や道路への笹の覆い被さりなど、まだ至る所にその様子を見ることができました。旧吉利駅前の商店も瓦が一部飛んでいました。旧北多夫施駅近くにある古い建物も大きな被害を受けていました。瓦が吹き飛び、大きく傾いています。このまま解体、撤去となるのではないでしょうか。
 加世田のバス営業所裏の火災現場はまだそのままの状態で残されていました。バス車庫から保管されているキハ103の顔がのぞいていました。下の方が部分的に塗装されており、整備が進んでいる様子が見て取れました。

Dsc_0227

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月29日 (土)

こんな感じになりました

トワイライトエクスプレスの室内シールを貼る作業が随分進み、あと1両を残すのみとなりました。旅客車模型の楽しさの一つは窓から覗き見える車内の様子というか雰囲気。普通座席車の場合は、塗装や色差しの単純作業で何とかなりますが、個室を連結した寝台車などの場合はそう簡単にいきません。個室の造形も丁寧に形にする車両模型メーカーの姿勢とそれに追随して関連製品を出してくれるメーカーのお陰で、それなりの出費を覚悟すればその楽しさを味わえるのは有り難いことです。
 シールを貼ったばかりで、そのまま見ると手抜き満載なのですが、窓越しに見るとそれでもそれなりに車内の雰囲気が伝わってきます。

Dsc_0219

 製品ではクリーム色のモールドのみですが、緑のモケットに白いカバー、そして木目調の壁がいい雰囲気を出してくれています。まだ、はしごを取り付けていません。

Dsc_0217
 スロネフの廊下側です。ここも製品ではクリーム色のモールドのみです。木目調の壁紙と扉を貼り付けるとこんな感じに。

Dsc_0218
 スロネフの客室側です。大きな窓越しに見える客室の様子がなんともいえません。姿見にはガラスパーツとしてガラス様のシールをさらに貼り付けるようになっており、車外からでもその効果を確かめることができます。

Dsc_0223
 スロネの車内の様子。シールを貼っただけで、プラモールド色丸出しの部分が多々ありますが、あまりこだわらず窓から覗く分にはこれで十分のようです。個室のシャワールーム側の壁が左右反転したものが入っており数が足りないことをネットで知りましたので、複写して正しい向きのものに揃えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月22日 (土)

思わずにんまり

 今日の夕方は快晴。済んだ空気の中、夕方の日の光に照らされた桜島が神秘的に見えるほど、神々しく輝いていました。国道10号では車を止めて写真を撮っている人もいました。この時間帯は、鹿児島市街地から見るより、姶良方面から見た方が山に刻まれた谷の陰影がはっきりしてはっとするような美しい姿を見せてくれます。
 桜島の警戒レベルが上がっていなければ今日は、サマーナイト大花火大会が行われていました。風もなく降灰もなく最高のコンディション、なんだかもったいない気がしますが、こればかりは仕方がありません。

 トミックスのトワイライトエクスプレスに室内シールを貼り付ける作業を進めています。色差しなどするともっと映えるのでしょうが、個室主体でとんでもない作業量になりそうですので、シールのみ。それでも作業を終えた車両の窓越しに見える室内の様子を見ると思わずにんまりしてしまいます。高価なシールではありますが、その効果は絶大です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月18日 (火)

トワイライトエクスプレス室内整備を始めました

 桜島の警戒レベルが引き上げられ、心配な状況が続いています。桜島は最近、いたって静かな状態を保っているのですが、観測データはこれまでにない数値を示しているとのことです。来週末に予定されていたサマーナイト花火大会も中止になりました。自宅のバルコニーからバーベキューをしながら城山越しに見える花火をちょっぴり楽しむ予定でしたが、こちらも中止。避難を余儀なくされている方々をはじめ、影響が大きくなりつつあります。このまま収束してくれることを願うばかりです。
 今日は夏季休暇。この年齢になると自分のことばかりに時間を使うわけにいかなくなりますが、それでも鉄道模型の時間を少しばかり楽しむことができました。トミックスのトワイライトエクスプレスにエヌ小屋の室内シールを貼り付ける作業を始めました。実物にならってスモークガラスを表現していますので、あまり室内は見えないのですが、プラ製モールドの単色では味気ないので、将来の室内灯取り付けをすることを前提に整備を進めることにしました。
 ほんの少し進んだだけですが、それなりに雰囲気が出て良い感じです。これから時間をみつけては少しずつ進めていく予定です。

続きを読む "トワイライトエクスプレス室内整備を始めました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月15日 (土)

C56工場出場

 KATOのC56の作業を一通り終え本日、工場を出場しました。主な加工は、塗装していないプラ部品の塗装、テンダー車輪の塗装、エナメル塗料やウェザリンブブラックによるウェザリングです。細かい部品が多く、めがねの老眼が少々合わなくなってきた身には少々きつい作業でした。しかし、出来はともかく仕上がってみるとその苦労も忘れてしまいます。

Dsc_0062

Dsc_0065

Dsc_0068

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

門司港

 先日、北九州に行き、のんびり過ごしてきました。門司港界隈は異国情緒があっていいですね。随分観光化されていますので、それ以前に訪れてみたかった気がします。門司港駅舎は目下、本格的な保存へ向けて改修中です。闇が次第に深くなる時間帯に展望台から眺めてみました。門司港駅の信号機群の赤色が印象的でした。
 私が初めてこの駅を訪れたのは、西鹿児島発日豊線経由門司港行き各駅停車の530レでやって来た時です。朝の5時5分に西鹿児島駅を発車し、門司港駅に着いたのは夜の9時頃でした。しばらく駅で過ごした後、同駅発鹿児島線経由西鹿児島行き101レ「かいもん」のハザで西鹿児島を目指しました。あれから40年ほどの月日が経過してしまいました。

Dsc_0056

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月11日 (火)

おこぼれをもらったDE10

 昨日、運用中の赤いDCの積算走行距離計が77777になりました。うっかり見過ごすところでした。77776で気づき、77777になる瞬間も見ることができました。70万キロ走ることはありませんので、7並びはこれが最後。運用を開始して2年9ヶ月余り。先日は鹿児島ICから目的地の門司ICまでノンストップ。よく走ってくれます。

 暇を見つけてC56の作業を進めています。車体に薄く融いたレッドブラウンを吹きました。足回りを中心に上回りにもうっすらと。エアブラシに入れた塗料が残りましたので、DE10がおこぼれをもらうことになりました。車体を簡単にマスキングし、足回りに何回も繰り返し吹き付けました。最後に、ボンネットの上にもうっすらと。
 マスキングを剥がしてびっくり。運転席横のナンバーがマスキングテープとともに剥がれてしまいました。幸い、片方だけ。さてと、随分前の製品ですので、予備として残っているインレタが機能するのか。おそるおそる貼り付けると、くっつく文字ということをきかない文字とに分かれました。転写できなかった2つの数字は数字単体の部分から切り取り、何とか貼り付けることができました。
 車体への墨入れやウェザリングはしてありましたので、加えて下回りにブラウン系の色が入ったことで現役機らしさが少し出てきました。

Dsc_0058

Dsc_0057

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »