« 架線柱塗装(その4) | トップページ | 古い箱 »

2016年1月12日 (火)

架線柱塗装(その5)

 自宅の駐車場に車を入れると、車の走行距離がちょうどぞろ目。88888㎞。帰宅しながら適当なところに車を止めてぞろ目の写真を撮っておこうと思っていました。運良く途中で車を止める必要はなく、自宅の駐車場に入る少し前にぞろ目になってくれました
 新規配置されてから3年と2か月余り。軽油とガソリンの価格差から、ディーゼルエンジン仕様の車体価格差は70000㎞の頃、相殺されています。走れば走るほど、ガソリンと軽油の差額分、お得になることになります。
 朝、エンジンを始動すると外気温もちょうど8℃になっていました。もう一つ「8」が揃いました。

Dsc_0538

 昨日、架線柱の金属部分にクオレスの35番「明灰白色(三菱系)・・」という色を吹きました。架線柱の写真をいくつか見ながら、イメージとして一番近い色がこの色でした。

Dsc_0530
 半分を吹いたところで塗料が無くなりました。すぐ近くに塗料を売っている店がありませんので、この塗装はここで小休止。塗装を終わった分に碍子の白を入れてみました。こちらは筆による色差しです。何となくそれらしくなってきました。

Dsc_0534

Dsc_0533

|

« 架線柱塗装(その4) | トップページ | 古い箱 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 架線柱塗装(その5):

« 架線柱塗装(その4) | トップページ | 古い箱 »