« スハ43系改装形作業(その10) | トップページ | スハ43系改装形作業(その11) »

2016年2月26日 (金)

「ちょっと昔」に南薩線

 毎月、地元新聞者が発行する「てぃーたいむ」が今日の朝刊に挟み込まれていました。いつも楽しみにしているのは1ページ目に毎号載るちょっと昔の写真。今回は、南薩線でした。メインの写真は永吉川の鉄橋を夕日を背に渡るキハ100。いわゆる丸型。乗客の様子が窓越しにシルエットになり、泣かせます。同じくシルエットになった特徴的な華奢な台車の様子も印象的。小さな写真は日置付近をいくキハ300(角型)の俯瞰写真。広々とした田園の中をいく単行気動車ののんびりした風景。最後の小さな写真は最終日の加世田駅の様子。大勢の人たちが最後の名残を惜しんでいる様子です。

Dsc_0177

|

« スハ43系改装形作業(その10) | トップページ | スハ43系改装形作業(その11) »

南薩鉄道」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。この季節になりますとJRのダイヤ改正に絡み様々なニュースが鉄道趣味界を飛び交います。華やかな開業デビューがある陰でひっそり消えていく事ものがあります。当時の南薩線廃止も全国的に見ればひっそり消えていった出来事でしょうね。しかし(皆様が奔走なされた)一昨年の記念イベントで多くの南薩線ファンや沿線住民の方々が今も熱い愛情を持たれている事が証明されました。今もたくさんの皆さんの心の中を南薩鉄道が走っていることを何より嬉しく感じています。

投稿: 夢幻鉄道 | 2016年2月26日 (金) 23時50分

南薩線については今も南薩の方始め、鹿児島県の方々には注目度が高いようです。企画展以降、実行委員会は継続されていますので、今後も動きがあるものと思います。

投稿: Nakachan | 2016年2月27日 (土) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ちょっと昔」に南薩線:

« スハ43系改装形作業(その10) | トップページ | スハ43系改装形作業(その11) »