« 南薩鉄道保管車両のいま | トップページ | 鹿屋鉄道記念館キハ20 »

2016年2月 3日 (水)

南薩線DD1201

 昨日は所用のため一日、特別休暇をとりました。先週末から鹿児島の自宅のネットがつながらなくなっているといいます。ひかり電話もつながりません。NTTに連絡を取り、いろいろやりとりしながら調べてもらうと、1番目の機器への接続は確認されるも2番目の機器への接続が確認されないとのこと。遠隔操作でそんなことが分かるのですね。有り難いような、ちょっと気味が悪いような。結局、2番目の機器を宅配してもらうことになりました。

 先日、加世田へ行った時に撮影した南薩線のDD1200です。2両導入されたうちの1号機にあたるDD1201。2号機のDD1202もバス車庫の奥に保管されています。キハ300が3両すべて解体となった一方、DD1200が2両とも保存されたのは会社が他鉄道への売却を考えていたからという話を聞きました。南薩線にあって昭和37年及び同38年に導入された最後の新製車両ですので廃止時に車齢20年ほど。残念ながら他鉄道で活躍することはありませんでした。

Dsc_0721

|

« 南薩鉄道保管車両のいま | トップページ | 鹿屋鉄道記念館キハ20 »

南薩鉄道」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。実は恥ずかしい話、DD1200形の存在を知ったのは廃止後の事です。廃止の4日前に加世田を訪れた時には車庫内にいたのか構内にはいませんでした。初めて実車を見たのは1995年の事で小さいながらもバランスのとれた姿にウットリした記憶があります。以来、塗装が剥げて痛ましい姿になった時期を含めて加世田へ行く楽しみになりました。一昨年、職員や関係者の皆様の御尽力で美しい姿を取り戻し感謝の念に絶えません。他の保存車両ともどもいつまでも最南端非電化私鉄を走った記憶を伝えて欲しいと願うばかりです。

投稿: 夢幻鉄道 | 2016年2月 5日 (金) 22時46分

 夢幻鉄道様
 南薩線の車両が1号機関車を含め、複数の車両が姿をとどめていることは有り難いことです。DD1200も2両残っており、1号及び2号機関車も同型が2両残っています。よいところをとっての二個一で、動態復元も将来夢ではないかもしれません。夢幻鉄道様のハンドルネームのごとく、夢を見てみるのもよいかもしれません。

投稿: Nakachan | 2016年2月 6日 (土) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南薩線DD1201:

« 南薩鉄道保管車両のいま | トップページ | 鹿屋鉄道記念館キハ20 »