« 旧志布志線伊崎田駅(4) | トップページ | EF510運用入り »

2016年2月13日 (土)

旧志布志線伊崎田駅(5)

 昨日は夜9時過ぎまで会があり、夕食をとり寝る頃には日付が代わっていました。昨日の朝は3時半起きでしたので、少々こたえました。模型もお休みです。

 旧志布志線伊崎田駅です。駅舎の前の法面が一部崩れており、復旧工事がなされていました。その横には機器ボックスが転がっていました。駅舎は直方体のコンクリート製でずいぶん簡素なつくりです。模型化しようと思えば、あまり面倒な工作をしなくても形になりそうです。

Dsc_0802
 駅正面から改札口を見たところです。立派な「旧国鉄伊崎田駅」という切り抜き文字が掲げられています。左側が駅事務室、右側が待合室です。C58やDCが行き来した当時が偲ばれる光景です。

Dsc_0829
 荷物の到着日数を記した表が残されていました。北海道から九州まで、全国津々浦々鉄路でつながっていたことが分かります。鉄道を失うことは、このようなネットワークの拠点が失われることを意味していました。現在は宅配便や高速道など、流通や交通が発達しましたので代わるものはあるのですが、人は便利なところへ便利なところへと去っていってしまいました。

Dsc_0816 出札口と荷物取扱い口です。かなりコンパクトなつくりになっています。

Dsc_0823

|

« 旧志布志線伊崎田駅(4) | トップページ | EF510運用入り »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧志布志線伊崎田駅(5):

« 旧志布志線伊崎田駅(4) | トップページ | EF510運用入り »