« スハ43系改装形作業(その5) | トップページ | 旧志布志線伊崎田駅(5) »

2016年2月12日 (金)

旧志布志線伊崎田駅(4)

 今朝は模型の作業は休み。早朝は自宅からの移動と数日分の買い物に時間を費やしました。3時半に目覚ましをセット。朝は道がすいていますので、オートクルーズでのんびりすいすいです。買い物もレジで待たされることもありませんし、袋入れも店の人がしてくれます。いつも思うのですが、店の人は研修を受けているのでしょうが、レジ袋への入れ方が実にうまい。くずれずにきれいな形に整います。自分ですると、ごつごつ不規則な形になって、いかにも素人が詰めましたという感じになってしまいます。

 伊崎田駅の続きです。志布志寄りに詰所が残っています。保線用の詰所でしょうか。手前の舗装された部分が本線部分。駅舎とともに志布志線の貴重な遺構だと思います。

Dsc_0807
 左側から見た様子です。くみ取り式のトイレもそのままです。何らかの形で活用されているのか、最近まで使っていたのか、羽目板の補修が行われていたりきれいに草が刈られていたりで美しい状態を保っています。
Dsc_0813
 志布志側から駅構内を見た様子です。右側に腕木式出発信号機、真ん中の奥にホーム、そして左側に詰所です。

Dsc_0810
 志布志寄りから見たホームや駅舎の様子。真ん中が道路として活用されていますが、ホームはそのままです。

Dsc_0814
 駅舎内に写真が掲出されていました。上の写真と似たようなアングルの写真です。

Dsc_0819

|

« スハ43系改装形作業(その5) | トップページ | 旧志布志線伊崎田駅(5) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧志布志線伊崎田駅(4):

« スハ43系改装形作業(その5) | トップページ | 旧志布志線伊崎田駅(5) »