« ふたつの走り(模型と妻) | トップページ | スハ43系改装形作業(その17) »

2016年3月12日 (土)

スハ43系改装形作業(その16)

 数日間留守にしましたので更新が休みになりました。

 車体から屋根を外しました。屋根についている爪をスライドさせて固定する構造になっています。端を上げてスライドさせますが、固くて困難を要しました。

Dsc_0357
 何とか5両分、外しました。幌も外しておきました。

Dsc_0359 屋根に取り付ける通風器の穴をマスキング。

Dsc_0358
 通風器を切り出し、組み立て。

Dsc_0362

Dsc_0364
 布張り屋根を表現するために、スウェード調塗料を吹きます。

Dsc_0360
 吹きました。旧型客車の布張り屋根は、旧型客車を表現する上での大きなポイントだと思います。

Dsc_0367
 布の継ぎ目を表現するために、マスキングを行いました。オハ35系のときと同じくクリアを吹くつもりです。

Dsc_0390

|

« ふたつの走り(模型と妻) | トップページ | スハ43系改装形作業(その17) »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スハ43系改装形作業(その16):

« ふたつの走り(模型と妻) | トップページ | スハ43系改装形作業(その17) »