« 1両終わりました | トップページ | バーベキュー »

2016年4月28日 (木)

客車の本

 吉村昭氏の「闇を裂く道」を読み終えました。丹那トンネル掘削をめぐる大作で大いに読み応えがありました。次は「高熱隧道」を読んでみたいと思います。
 以前、購入していた「客車の迷宮」をようやく読み始めました。さわりの部分しかまだ読んでいませんが、タイトルの通りかなり奥の深い内容のようで興味津々です。

Dsc_0308

|

« 1両終わりました | トップページ | バーベキュー »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 客車の本:

« 1両終わりました | トップページ | バーベキュー »