« 渋滞 | トップページ | メタルインレタ貼り終えました »

2016年5月 6日 (金)

583系インレタ

 引き続き、インレタ貼りです。583系のインレタ貼りを始めました。まずは、どの車番にするか。当時の車両配置表から向日町運転所所属の該当車両を調べました。この中から選べばよいのですが、できたら実際に編成を組まれた車番の並びにしたいものです。
 ネットで検索していると、当時の編成を記録した資料がみつかりました。記録していた方に感謝です。自分が記録したものであればなおよいのですが、そのようなことはしておりませんでした。
 クハネ581-32 + モハネ582-72 + モハネ583-72 + サハネ581-21 + サロ581-19 + サシ581-4 + モハネ582-68 + モハネ583-68 + サハネ581-4 + モハネ582-101 + モハネ583-101 + クハネ581-37
 この番号で組成することにしました。「有明」で運用されていたとのことです。私が初めて乗車した電車特急が583系の「有明」でしたし、座席仕様で整備していきたいと思っていますので、列車名は「有明」とすることにしました。将来、余裕ができましたらベネシアンブラインドを下ろした状態の寝台仕様も揃えたいところです。

 クハネから金属インレタを貼付する作業を始めました。裾から4.2㎜の位置に窓下にセンターを合わせて貼っていきます。付箋に窓のセンターと裾から4.2㎜の位置の線を引き、貼付していきました。インレタの食いつきはすこぶる良く、順調に作業を進めることができました。下から4.2㎜の付箋にインレタの端っこを初めにくっつけて作業することにより位置決めが容易にできました。

Dsc_0343 車番は一文字ずつ拾っていきます。大変かなと思いましたが、思ったより楽に位置を決め、貼付することができました。右端の「2」はまだ、フィルムを取り除いていない状態です。よくこんなに小さな金属インレタを作れるものだと感心します。非常に実感的です。

Dsc_0344

|

« 渋滞 | トップページ | メタルインレタ貼り終えました »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 583系インレタ:

« 渋滞 | トップページ | メタルインレタ貼り終えました »