« EF81北斗星作業(その12 最終回) | トップページ | 小休止 »

2016年6月19日 (日)

次の作業は

 今朝は大気の状態が不安定で雷雨となっています。熊本をはじめ、災害が心配になってきます。

 次の工場入りは北斗星用の客車です。室内には手を付けず外回りのみウェザリングを中心に作業を進める予定です。12両の作業を進めることになりますが、発注の際にミスをしてオハネフ25が2両あり、手持ちが13両となっています。KATOの北斗星は複数必要な車両以外はナンバーが印刷済みで、このオハネフには12が印刷済みです。当鉄道に同じ番号のオハネフ25 12が2両在籍という変なことになっています。
 このオハネフ25の1両を試作車としてウェザリング等の方法を検討していきたいと思います。

 試作に抜擢されたオハネフ25 12です。実際の写真を見ながら何とか実車のイメージが再現できるよう手を加えていこうと思います。

Dsc_0018
 ポイントは2つあり、まずはこのユニットクーラーの部分。実車の写真を見ると塗装後の使用年数により汚れ方も様々です。

Dsc_0019
 一番目立つのはこのつるんとした屋根。鋼板の継ぎ目が表現されいい感じではありますが、実車のイメージとはかなり違います。面積が広いだけによく観察して経年を表現していきたいと思います。また、連結されている場所でパンタ汚れや電源車の排気汚れがグラデーションとなっていますので、その表現も加えていきたいと思います。

Dsc_0020

|

« EF81北斗星作業(その12 最終回) | トップページ | 小休止 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次の作業は:

« EF81北斗星作業(その12 最終回) | トップページ | 小休止 »