« EF81北斗星作業(その10) | トップページ | キハ52 »

2016年6月13日 (月)

ブルトレ

 EF66と14系寝台。幼い頃、デパートの鉄道模型売り場のショーケースの中で自由形のEB66が走っている様子を見て、かっこいいなあと思っていました。当時はカツミのEF66が発売されていましたが、夢のまた夢。
 もう10年ほど前になるのでしょうか。このEF66を購入したときは感慨も一入でした。迫力有る面構えにこの重量感。大人になると言うことはこんなことなんだなと感じ入ったものです。牽引しているのは14系の8連。ED76では違和感はありませんが、ロクロクが牽くと何とも物足りません。やはりフル編成を牽引する姿を見てみたいですね。

Dscn7243
 EF81北斗星のパンタに油汚れを吹きました。もう少し実物の写真を観察して色をのせていきたいと思います。

Dscn7245

|

« EF81北斗星作業(その10) | トップページ | キハ52 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。初めてEF66の存在を知ったのは図鑑か何かの挿絵だった気がします。となりにはC62、最大級の蒸機に最新鋭のマンモス直流機、大迫力に憧れました。国鉄形新性能直流機では65Pがヒーローでしたが何時かは寝台特急を牽けばいいなと子供心に思っていた様に思います。

投稿: 夢幻鉄道 | 2016年6月13日 (月) 23時11分

夢幻鉄道様、ありがとうございます。マンモスという表現が使われていたのを私も覚えています。台車ひとつでD51単機分の力があると記されてたように思います。

投稿: Nakachan | 2016年6月14日 (火) 07時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルトレ:

« EF81北斗星作業(その10) | トップページ | キハ52 »