« EF81北斗星作業(その5) | トップページ | コンデジを転属 »

2016年6月 7日 (火)

EF81北斗星作業(その6)

 屋根の作業を少し進めました。北斗星色の屋根は黒に塗られています。艶を押さえるために、艶消しのクリアをまず、吹いておきました。今回は、ウェザリングのベースとなる白っぽいブラウンを全体にまんべんなく吹きました。実物の写真を見ると、全体に白っぽいブラウンで中心付近がパンタシューによるブラウンの汚れがグラデーションでついている感じです。

Dscn7203

 以前作業したトワイライト色を並べてみました。ある程度の段階になりましたら部品を付け、一緒に吹いていきたいと思います。真っ黒の屋根からずいぶん白っぽい屋根になりました。

Dscn7206
 主抵抗器のカバーも外した状態で別に吹きました。試しにのっけた状態で調子を見てみました。ルーバーには墨入れをしています。

Dscn7205
 宅配便でサウンドカードが届きました。C57用です。C59も表記されていますので、音が似ているのでしょうね。まだ音を試していませんが、あの日豊線などで聞いた懐かしい音が聞けるのか楽しみです。

Dscn7207

|

« EF81北斗星作業(その5) | トップページ | コンデジを転属 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EF81北斗星作業(その6):

« EF81北斗星作業(その5) | トップページ | コンデジを転属 »