« EF81北斗星作業(その11) | トップページ | 次の作業は »

2016年6月18日 (土)

EF81北斗星作業(その12 最終回)

 今日は夕方から会がありますが、それまでは長時間フリーとなりました。EF81北斗星色の作業を進めました。今日の作業は ①エアフィルターの墨入れ(ブラウン) ②ナンバー等表記類の切り出しと取り付け ③手すり取り付け ④エアホース等の取り付け ⑤ステップ等への色差し ⑥電暖表示灯取り付け ⑦パンタ取り付け ⑧碍子と引き通し線の取り付け ⑨引き通し線の塗装 です。
 これでひとまずEF81北斗星は完成ということにしました。

Dsc_0007 ステップの色差しは実物の写真を参考にしました。車体側面はエアフィルターの墨入れ以外、手を加えていません。

Dsc_0016 上から見ることが多いお座敷運転では屋根の表現が一番目立つ部分になります。実物の写真を参考に進めましたが、夜間か早朝、照明の灯りを頼りにしていますので、日中確認してみると印象がまた違った感じになります。パンタシューの汚れをもう少し表現しても良かったように思います。別の車両を吹く際に追加しようと思います。

Dsc_0012 全体はこんな印象になりました。解放てこやエアホースは半艶のブラックを吹いておきましたのでプラ感は抑えられた感じにできました。次回のカマではエアホースの根元をグレーに塗るなどもう一工夫したいと思います。

Dsc_0015 トワイライトエクスプレス用のEF81と並べてみました。屋根のベースの塗色が違いますので同じ形式ですが違った印象です。両機とも実物写真を参考に作業をしました。使用線区によって汚れ方が違いますので、それでも違った印象になります。

Dsc_0017
 車輪の清掃も行いましたので、これでめでたく運用に入ることができます。といいましても牽引する客車の作業がこれからになりますので、本来の活躍はしばらくお預けです。同じくトワイライトエクスプレスも室内のシール貼りは終えていますが外装がこれからですのでお預けです。

 

|

« EF81北斗星作業(その11) | トップページ | 次の作業は »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。実車の世界で比較的新しい81を最終製造年から勘案しますと国鉄型電機の最終形式になりそうですね。拘られた細かい作業、お疲れ様でした。

投稿: 夢幻鉄道 | 2016年6月18日 (土) 23時33分

夢幻鉄道様
当鉄道に初めて入ったF級電機がEF81でした。もう40年ほど前になります。鹿児島でも馴染みの機関車となりましたね。

投稿: Nakachan | 2016年6月19日 (日) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EF81北斗星作業(その12 最終回):

« EF81北斗星作業(その11) | トップページ | 次の作業は »