« EF81北斗星作業(その7) | トップページ | EF81北斗星作業(その9) »

2016年6月10日 (金)

EF81北斗星作業(その8)

 昨日は午後から隣の市へ出張、勤務時間は終了していますが職場へ戻り夜9時頃まで外部関係との会合が開かれました。今朝、4時過ぎに起きて、少しばかり模型いじりを続けました。

 主抵抗器カバー部分のマスキングを取りました。もともとの塗装の黒とウェザリングのベースとして吹いたフラットアース部分との違いはこんな感じでした。

Dscn7221

 パンタシューによる汚れを吹きました。ハンブロール62番だったと思います。出勤準備時間が近づきましたので、途中で終了。パンタ付近を中心に屋根中央部に流れるようにうっすら吹きました。今朝はここまででした。これから重ね吹きをして調子を整えていきたいと思います。

Dscn7224
 パンタにも1回目を吹いておきました。油汚れの黒を加えながら今後、いい感じになるように仕上げていきたいと思います。

Dscn7225

|

« EF81北斗星作業(その7) | トップページ | EF81北斗星作業(その9) »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EF81北斗星作業(その8):

« EF81北斗星作業(その7) | トップページ | EF81北斗星作業(その9) »