« 眼精疲労? | トップページ | DF50牽引20系 »

2016年7月13日 (水)

朝の運転

 昨夜は会があり帰宅が遅くなりました。シャワーを浴び、食事を済ませると寝る時間になってしまう毎日です。模型工場はウヤ。
 今朝、少しばかり模型の運転を行いました。お座敷でどうも味気ないのですが、敷きっぱなしにできるのでいつでも運転できる環境には感謝(官舎?)です。
 まず、EF65500牽引の24系25形。両方ともKATOの製品。走行は快調です。しかし、カント部分で脱線。架線柱の薄い土台を道床下に潜り込ませてありますので、この凹凸が影響したようです。調整したところその後は脱線無し。

Dscn7287

 続いてDF50牽引の旧客。日豊線や吉都線で運用されていた頃が思い出されます。あの独特のエンジン音と発電機の音、そして低いモーター音。SGまで付いて、蒸機、電機、ディーゼルが1両にまとまったような興味深いカマでした。こちらも走行は快調。もちろん独特のエンジン音等はなしですが、中間台車がセンターからずれた独特のジョイント音は楽しむことができます。

Dscn7282

|

« 眼精疲労? | トップページ | DF50牽引20系 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

御無沙汰致しております。
エエですなぁ~。500番台!ほんと子供の頃からの憧れでした。
順法闘争の頃、通学途中に上ってくる「あかつき」や「彗星」が懐かしく思い出されます。
また、DF50にしても関西でも見ることが出来ましたんで、懐かしく、また、模型で再現されている事を羨ましく思って止みません。
この夏には、九州への遠征での貨物撮影を考えているんですが、業務との関係ではっきりした日程が組めず悩んでいるこの頃です(笑)

投稿: ひょん君 | 2016年7月13日 (水) 20時32分

ひょん君様、こんばんは。
500番台の牽く20系はあの時代を象徴する姿でした。写真やモデルでしか見たことのないEF65500の実物を東京で見たときのときめきは今でもよく覚えています。お互い、共通の時代を生きた感動があるようですね。今後ともよろしくお願いします。

投稿: Nakachan | 2016年7月14日 (木) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝の運転:

« 眼精疲労? | トップページ | DF50牽引20系 »