« 6号車 スハネ25 501の様子 | トップページ | 8号車 オロネ25 506の様子 »

2016年8月29日 (月)

7号車 スシ24 505の様子

 急に秋めいて涼しくなりました。また暑い日々はやってくるとは思いますが、季節は正直です。

 7号車 スシ24 505です。ネットで調べるとサシ481 68からの改造のようです。24系の食堂車はオシとして「オ」の重量区分ですが、車体が小振りな電車改造であるにもかかわらずスシとして一段階重い「ス」の重量区分です。

Dsc_0590

 実車の屋根が他の寝台車に比べると黒っぽい色をしていましたので、その様子を表現しました。編成美としては整いませんが、車体の形、そして屋根の色や様子がよい編成のアクセントになっています。写真をよく見ると床板がきちんとはまっていません。撮影時の注意力が足りませんでした。

Dsc_0596
 食堂車だけあって室内の様子が華やかでいいですね。卓上のランプは標準仕様で点灯するようになっています。

Dsc_0587
 台車です。種車の台車がそのままです。

Dsc_0593
 床下のパイピングがモールドで表現されており、精密感を盛り上げてくれます。トイレ付近のステップも実感的です。

Dsc_0595
 調理室の通路側。

Dsc_0591
 妻面です。寝台車に比べるとあっさりした印象です。

Dsc_0604
 牽引機となるDD51の作業です。ラジエター等をマスキングし、フラットブラックとフラットアースを混ぜたエナメルを吹きました。

Dsc_0603
 調子を見ながら少しずつ吹いてみました。モデルになるのはPC画面上の実車。

Dsc_0606
 ラジエター部分の仕上がりはこんな感じ。大体思ったようなイメージになったような気がします。

Dsc_0609
 塗料が余りましたので、エアタンクの部分にも吹きました。周りの枠の部分のみマスキングしました。中の桟は吹いた後に溶剤を付けて拭き取る予定です。

Dsc_0610
 こんな感じです。うんと昔、カトーのDD51が発売されたとき、エアタンクが中にあるように見えるこの表現に驚いたものです。

Dsc_0613
 まだエアブラシのカップに塗料が残っていましたので、スノウプラウにも吹きました。これでカップの中はからっぽになりました。

|

« 6号車 スハネ25 501の様子 | トップページ | 8号車 オロネ25 506の様子 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7号車 スシ24 505の様子:

« 6号車 スハネ25 501の様子 | トップページ | 8号車 オロネ25 506の様子 »