« 汚物処理装置のタンク塗装 | トップページ | 北斗星用客車組み立て開始 »

2016年8月20日 (土)

北斗星用客車編成端の車両屋根処理

 昨晩は前の職場の面々と同窓会を行いました。毎年、この時期に行っています。今回で3回目。来年の開催も全員で約束してきました。会場は南薩鉄道の本社があった町。ここから高速を使っても2時間の距離。仕事を終えてからの参加でしたので1時間の遅刻でした。

 北斗星用客車の作業も終盤が近づいてきました。編成端のカニとオハネフ、そしてカニの次位に連結されたオハネフの屋根にパンタシューの汚れなどを吹きました。

Dsc_0435
 まず、全体にフラットアースを吹き、その上からハンブロール62番を吹きました。実物の写真も参考にしながら、パンタに近い位置からグラデーションになるように吹きました。おでこの部分もきたなくならない程度に。

Dsc_0433_2
 カニはさらに排気の煤を吹きました。こちらはハンブロール33番。実際の車両は雨などにより、引力方向にも流れているようですが、汚くなりそうなので空気の流れる方向を中心に吹きました。

Dsc_0434
 上から見るとこんな感じ。真ん中がカニの次位にくるオハネフ。カニ方向から来る汚れを薄く吹いておきました。

 

|

« 汚物処理装置のタンク塗装 | トップページ | 北斗星用客車組み立て開始 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北斗星用客車編成端の車両屋根処理:

« 汚物処理装置のタンク塗装 | トップページ | 北斗星用客車組み立て開始 »