« 箱の中身は? | トップページ | クリアを吹きました »

2016年8月 8日 (月)

電車基礎講座

先週末、付き添いのため病院に詰めなくてはなりませんでした。無事に退院し、一安心です。
 書店の鉄道コーナーで丹念に見ていくと、「電車基礎講座」という本が目にとまりました。鉄道趣味にもいろいろな分野があります。どちらかと言えば理科系人間ですので、技術的なことにも興味をそそられます。先日届いたアオシマのDD51は構造的なことを学びながら模型を組み立てられるという一石二鳥のモデルでもあります。

Dsc_0327

 野元浩氏が鉄道ダイヤ情報に連載された記事をまとめたものだそうです。副題には「“知っているつもり”から“確かな知識へ”」とあります。本文は下の写真にあるようにかなり専門的です。なんだか高校や大学の参考書のよう。しかし、電車に関することで自身が表面だけさらっと知っている浅い知識を詳しく説明してありますので、自分にとって無味乾燥な内容ではありません。
 難しい内容ではありましたが、病院でじっくり待たされる時間がありましたので、腰を据えて読んでみました。果たしてよく理解が及ばない部分もありましたが、鉄道車両についての興味がまた深まりました。電車に乗る楽しみというか、楽しみ方がまた増えたという感じです。
 この本の構成は、Ⅰ 直流モーター篇 Ⅱ 交流モーター篇 Ⅲ 交流・交直流車篇 Ⅳ 台車の基礎知識 Ⅴ 台車各部の機能篇 Ⅵ 特別篇 台車製造現場の最前線を見る! Ⅶ カーブを高速で曲がるための技術篇 Ⅷ 「ブレーキ」の意味と歴史篇 Ⅸ 現在使われている核ブレーキ制御の解説篇 Ⅹ 基礎ブレーキ篇 となっています。
 これだけの知識が詰まって税別2800円。

Dsc_0328

|

« 箱の中身は? | トップページ | クリアを吹きました »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電車基礎講座:

« 箱の中身は? | トップページ | クリアを吹きました »