« キハ82系 ユニットクーラーに墨入れ | トップページ | キハ82系作業 貫通幌の塗装準備 »

2016年10月26日 (水)

用途廃止

 昨日は終日、ピンチヒッターで自身の仕事はウヤとなりました。急ぐ仕事がなかったのは幸いでした。長時間の残業はせずにすみました。それでも7時から会がありましたので、帰宅したのは8時半ほど。短時間でできるキハ82系の作業は準備してありませんでしたので、こちらはウヤ。

 先日、実家に取り付けてあった2階への昇降機を取り外してもらいました。介護のために取り付けたのですが、残念ながら新製配置から3年ほどで用途廃止。少々もったいないことではありましたが、レールから移動椅子まですべて引き取ってもらいました。

 用途廃止といえばDD16が思い出されます。老朽化による廃車ではなく、ローカル線での貨物運用がなくなったための廃車。まだ車齢が若かったにもかかわらず、一部の入れ換え用を残して解体されてしまいました。かつて鹿児島機関区があった界隈に多くのDD16が留置されていたのを思い出します。
 写真はトラムウェイのDD16。小柄なモデルですが、スタイルもよく手すりなどの細さも精密感を盛り上げています。旋回窓が南九州に在籍していた車両と異なりますが、ローカル運用の貨物列車を楽しむことができます。走りもスムーズで静かです。こちらは用途廃止になることはなく永らく現役生活を送れそうです。もっとも運用につく機会は少ないのですが・・・

Dsc_0219
 こちらは無煙化により廃車となったC12。指宿枕崎線でDD16にバトンタッチしました。こちらも小ぶりな蒸機ですが、モデルとしてとてもよくできています。DD16と同じトラムウェイの製品。走りもスムーズで静かです。

Dsc_0218 置換えの際には、このような並びもあったのでしょうか。こうしてみると小さく見えたDD16も大きいですね。

Dsc_0216

|

« キハ82系 ユニットクーラーに墨入れ | トップページ | キハ82系作業 貫通幌の塗装準備 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。鹿児島運転所の客車編成入れ換えで汽笛を鳴らしていたのが昨日の事の様に感じます。指宿線の貨物牽引、途中駅通過や待ち合わせシーンを見てみたかったです。

投稿: 夢幻鉄道 | 2016年10月26日 (水) 23時26分

夢幻鉄道様、おはようございます。鹿児島運転所での入換作業は何度見に行ったことでしょうか。小学生の高学年になると毎日のように行っていたような気がします。ポイントを渡る音や連結器の音、汽笛の音、最高の空間でした。小学生の頃はC50などの蒸機でした。

投稿: Nakachan | 2016年10月27日 (木) 07時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 用途廃止:

« キハ82系 ユニットクーラーに墨入れ | トップページ | キハ82系作業 貫通幌の塗装準備 »