« キハ82系 屋根の作業を少し | トップページ | キハ82系 ユニットクーラーに墨入れ »

2016年10月24日 (月)

キハ82系 運転室塗装

 キハ82の運転席の作業を進めました。マスキングをして色を吹いては、さらにマスキングをして色を吹くという繰り返し。細かい部分のマスキングはマスキングテープを細かく切り、パッチワークのように重ねていくとやりやすいようです。いろいろな大きさのものを事前に準備しておくと部位により使い分けられるので便利。外は雨で湿度が高いため、除湿器をかけながらの作業です。

Dsc_0193
 最終的に吹いたのは、乗務員のシート。床、運転台機器まわり、壁の3種類の色を吹いています。床は手持ちの塗料を混ぜてそれらしい色をつくり、機器まわりと壁は基本色であるブルーとイエロー、それにホワイトを混ぜてそれらしくつくりました。

Dsc_0196
 メーター、マスコン、ブレーキに色を差し、一応の仕上がりとなりました。

Dsc_0201

Dsc_0202
 実際にキハ82に仮取り付けをして様子を確かめてみました。運転席窓からメーター類やマスコン、シートの青、室内の薄緑色の見え方はこのような様子でした。

Dsc_0203_s
 助士席から見るとこんな感じです。室内は銀色一色でしたが、色を加えることでそれらくしくなってきました。

Dsc_0206_s

|

« キハ82系 屋根の作業を少し | トップページ | キハ82系 ユニットクーラーに墨入れ »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キハ82系 運転室塗装:

« キハ82系 屋根の作業を少し | トップページ | キハ82系 ユニットクーラーに墨入れ »