« キハ82系 動力台車に車輪組み入れ | トップページ | 購入本 »

2016年10月17日 (月)

C59・C60が出るんですね

 土曜日、ようやく書店にて「蒸気機関車EX」を購入してきました。このムックは創刊以来欠かさず購入しています。当時の現場の様子が生々しく伝わってきますので、楽しみにしています。当時従事していた方々も高齢になりますので、このような形で記録として残していくことに大きな価値を感じます。
 第2弾としてもうすぐ「電気機関車EX」も創刊されるとアナウンスされていました。

 今季の蒸気機関車EXの裏表紙にトラムウェイの製品化予告が載っており、C59とC60が予告されていました。いづれも前期型と後期型が製品化されるとのこと。各社の近年の製品化の中でちょうど空白になっていた形式だと思います。南九州では軸重の軽減が行われたC60が運用されていました。ストーカーの付いたC61が優等列車の運用につくことが多く、C60は普通列車の運用が多かったという記事を読んだ記憶があります。同じ蒸機の同社C12がディテール、走行性能ともによくできていましたので期待できそうです。

|

« キハ82系 動力台車に車輪組み入れ | トップページ | 購入本 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。南九州で活躍した国鉄蒸機は多岐に渡りますがC60*61には格別の想いを感じます。61は勿論すばらしい釜ですが個人的には最も美しいヘビーパシフィックと称された59改造の60が好きです。59譲りの長く直線的なテンダ上部、サイドから写された構図の写真には感動すら覚えます。保存されなかったのが誠に残念であります。

投稿: 夢幻鉄道 | 2016年10月17日 (月) 23時12分

夢幻鉄道様、おはようございます。端正とか均整という言葉はC59のためにあるのではないかと思わせるくらいどこにも隙のない整ったスタイルだと思います。性能と機能の要求、そして設計者の思想のバランスが生んだ名機だと思います。南九州で活躍したC60は都落ちした感はありますが、のんびり余生を送る雰囲気がまた魅力的でした。

投稿: Nakachan | 2016年10月18日 (火) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: C59・C60が出るんですね:

« キハ82系 動力台車に車輪組み入れ | トップページ | 購入本 »