« 寝台専用品 | トップページ | ツール到着 »

2016年12月 5日 (月)

キハ82系 貫通扉に色差し

 昨日はランニング桜島があり、妻も参加しました。元気だと感心します。あいにくの天気でしたが、幸い競技時間は雨が降らなかったようで、何とか完走(歩?)したようです。私も若いころ走ったことがありましたが、そのときは練習不足で死ぬような思いをした覚えがあります。

 水性のアクリジョン系のクリアを試した見たのですが、これは難しいですね。瓶に入っている塗料がびっくりするほどどろっとしています。ネットで見てみてもエアブラシで吹くには、その希釈が微妙のようです。専用の薄め液は薄め液というよりリターダーの性格が強いようで、試してみると確かに乾きが遅く、これを使いこなすには研究が必要だと感じました。

 従来の水性クリアが届くのを待って次の作業に進みたいと思っています。今できる作業として貫通扉の色差しを行いました。ドアレールとドアノブ、そしてガラスのHゴム。ドアレールとドアノブには銀、Hゴムにはグレーを色差ししました。使用したのはポスカ。三菱鉛筆が出しているポスター用のペンです。インクの隠ぺい力が強く、ちょっとした色差しに重宝します。

Dsc_0401

|

« 寝台専用品 | トップページ | ツール到着 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

管理人様、こんばんは。御多忙の中、緻密な工作作業の進捗記録を楽しく拝見しております。さて株式会社カトーの加藤会長の訃報がもたらされました。加藤会長の功績は余りにも大きく私たち愛好家にとりまして人生の良き趣味を御提供くださった偉大な方を失った事は運命とは申せ寂しい知らせでした。ただ会長のこと、アチラの世界でも先に逝かれた同志の方々と共に模型鉄道の浄土建設に邁進されて行かれる事でしょう。俗世間の私たちは現世での趣味を謳歌しつつ会長との再会をも楽しみにして生きて参りたいと考えております。

投稿: 夢幻鉄道 | 2016年12月 5日 (月) 23時28分

夢幻鉄道様、こんにちは。KATOのキハ82系の作業もようやく終わりが見えてきました。KATOの加藤会長が亡くなれたことを私もKATOのHPで知りました。関水金属の頃からここまで会社をそして日本の鉄道模型を発展させてこられた功績にはただただ感謝です。ご冥福をお祈りいたします。

投稿: | 2016年12月 6日 (火) 07時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キハ82系 貫通扉に色差し:

« 寝台専用品 | トップページ | ツール到着 »