« EF510作業 ねずみ色1号を吹きました | トップページ | EF510作業 車輪塗装と台車枠ウェザリング »

2016年12月20日 (火)

EF510作業 少しずつ

 鹿児島駅が駅周辺とともにリニューアルされると新聞に掲載されていました。小さい頃、西鹿児島駅の「西駅」に対して鹿児島駅は「本駅」と大人たちは呼んでいました。西に対して本ですからかつて中心駅だった名残が言葉として引き継がれていました。今や西駅改め中央駅の賑わいから取り残された形で、そのままの状態でした。駅舎が国分方向へ向いているのは終端の終着駅だったことの証です。公園が最近整備され、ウォーターフロントにも近いですから観光の拠点としての再生に期待したいと思います。

 EF510の作業を少しずつ進めいています。KATOのEF510はそのまま走らせられるというコンセプトですので、ナンバー等は印刷済み。クリアで保護する必要はないのですが、質感を上げるためにガイアの艶ありクリアを吹きました。

Dsc_0514
 車輪にミッチャクロンを吹いて下地づくりをしました。車輪は車軸に差し込んであるだけで簡単に抜くことが出来ました。中間台車はそのままです。軸端にはマスキングゾルを塗ってあります。

Dsc_0513
 台車に色差しをしました。実車の写真を見ると、ゴムのような蛇腹の部分とタンクのような部分が黒でした。先日購入した極細面相筆が役立ちました。また、空気バネの部分にも黒を筆塗りしました。仮組立するとこんな感じです。

Dsc_0512

|

« EF510作業 ねずみ色1号を吹きました | トップページ | EF510作業 車輪塗装と台車枠ウェザリング »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EF510作業 少しずつ:

« EF510作業 ねずみ色1号を吹きました | トップページ | EF510作業 車輪塗装と台車枠ウェザリング »