« ナハネフ22 | トップページ | 古いD51 »

2017年1月 6日 (金)

荷物車がはるばる

 一昨日の早朝、国道沿いのラーメン店駐車場でタンクローリーが横転するという事故がありました。押しつぶされた運転室で運転手の方が死亡するという痛ましい事故でした。発生が午前4時頃で発見が2時間後の6時頃。国道に隣接する駐車場ですが、生け垣のようなものがあり暗ければ見えにくい場所ではありました。私も、この場所を午前5時頃通過しています。まったく気づきませんでした。
 直線区間にあり、しかも上り坂ですので、運転操作を誤って突っ込むような場所ではありません。ときどき休憩の大型トラックがとまっていることもありますので、休憩か自販機利用のために立ち寄ったのでしょうか。牛乳を運ぶタンクローリーということですので、駐車場に入るための急なハンドル操作で積荷の牛乳が偏りバランスを崩して横転したのかもしれません。運転席がつぶれていることから、逆さまに近い状態まで横転したか、トレーラーのようでしたのでジャックナイフ現象が起きたのかもしれません。いずれにしても横転事故が起こるような場所ではありませんので驚きました。
 先日の立体駐車場からの落下事故を含め、運転操作の誤りで一瞬のうちに死亡に至るという自動車の恐ろしさを感じる事故でした。

 転属の可能性に備えて、模型の箱入れを引き続き行っています。湿気のためでしょうか、箱にカビのようなものがついているものがあります。不思議とそのような状態になるのは天賞堂の青箱。表面の処理なのでしょうか、それとも素材なのでしょうか。湿度の高い住宅を転々としているという個人的事情もあるかもしれません。

Dsc_0666
 荷物車を2両発注しました。発注時に最寄りの店舗に2種類の荷物車の在庫がなく、別々の店舗から送られてくることはわかっていましたが、発送お知らせメールに記載されていたゆうパックの荷物追跡サービスのページを開いてみてびっくり。1両は福岡の店舗からでした。開いた時点で福岡を出発して熊本を中継していることが分かりました。そして・・・

Dsc_0667
 もう1両の分を開いてみると・・・・。なんと北海道の札幌の店舗からとなっていました。はるばる北海道から荷物車が南九州までやってきます。なんだか当時の荷物車の広域運用のようなことになっています。函館本線を走り、青函連絡船により航送され、さらに東北本線を下り・・・、なんてことを想像してしまいます。2両別々に、しかも1両は北海道からですが、送料は無料。あり難いというか、利益はあるのでしょうか?

Dsc_0668

|

« ナハネフ22 | トップページ | 古いD51 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荷物車がはるばる:

« ナハネフ22 | トップページ | 古いD51 »