« マニ60Ⅱ作業 組み立て | トップページ | 貨車増備 »

2017年2月18日 (土)

マニ60Ⅲ 43・44

 続けて同じ形式ですが、3両目のマニ60の作業を進めることにしました。該当する車両は43と44のみ。このような車両まで作り分けるのですから、今後が楽しみなメーカーです。

 この製品から緩衝材とスリーブの間に紙製のカバーが付くようになりました。スリーブに入れようとすると緩衝材がカールしてしまいましたのでその対策のようです。

Dsc_0888
 手前がマニ60 43・44です。

Dsc_0889
 さて、この43と44はどこが違うのでしょうか。

Dsc_0891
 木製だった扉が鋼板になっています。近代的な印象になっています。こちらは荷物室の扉。上が木製、下が鋼板の引き戸。

Dsc_0892

Dsc_0893
 こちらは荷物室の開戸。上が木製、下が鋼板です。保護棒の向きも変わっています。貫通扉も同様に鋼板になっています。43・44の台車がゆがんでいます。部品が穴から外れていました。これはすぐに直せますから問題なしです。車輪が黒メッキから一般的なメッキになりました。塗装をすると踏面が光りますので、こちらの方が有り難いです。

Dsc_0895

Dsc_0894

|

« マニ60Ⅱ作業 組み立て | トップページ | 貨車増備 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マニ60Ⅲ 43・44:

« マニ60Ⅱ作業 組み立て | トップページ | 貨車増備 »