« マニ60Ⅲ作業 床下に部品取り付け | トップページ | 南薩へ »

2017年3月11日 (土)

マニ60Ⅲ作業 床下の比較

 仕事を終えて帰宅すると官舎前にクロネコが停車中。官舎の郵便受けを見ると不在通知が入っていました。車内で何か確認中で、通知を持って行くと受け取ることができました。今、課題となっている再配達を強いることがなく、よかったと思います。今、あれだけ話題になっていますので、再配達はどうも申し訳なくなります。投函ではなく受け取りを必要な場合は、郵便受けにすぐ近くにある職場に届けてくれるよう依頼する小さな張り紙を貼っておくようにしています。今回は、薄い本が2冊ですので、投函便で届くと思っていましたので、張り紙はしていませんでした。
 さて、届いた2冊の本は箱に入っていました。「いつでも全品送料無料」は購入側には有り難いのですが、いつも宅配業者はいくらで請け負っているのだろうかと気になっていました。前回、購入した本は投函便でしたので、再配達の必要な無く、そのまま郵便のようにポストに入れてくれたらよかったのです。

Dsc_0964
 箱の中身はこんな具合でした。取り出した後ではありません。底に張り付いているのが、2冊の本を梱包した板?です。いつもの封筒型の投函便でなかったのはなぜでしょう。ほとんど空気を運んでいるようなもので、かさばりますし再配達のリスクもあります。

Dsc_0965
 今回購入したのは、マニ60関連の資料本でした。

Dsc_0968
 マニ60の作業を少し進めました。100番代 Type1 / 500番代 Type1に続き、100番代 Type2 / 500番代 Type2の床下機器のパーツ取付を行いました。後方監視窓の有無が違うだけかと思っていましたが、この2両は床下機器の配置も異なっていました。コストのことを考えて流用しそうなものですが、こだわりが半端ではないなと感じる部分でした。
 手前が100番代 Type1 / 500番代 Type1、後方が100番代 Type2 / 500番代 Type2です。エアータンクなどの位置が異なっています。

Dsc_0966
 精密感のある床下です。シルエットが絵になりそうです。

Dsc_0967

|

« マニ60Ⅲ作業 床下に部品取り付け | トップページ | 南薩へ »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マニ60Ⅲ作業 床下の比較:

« マニ60Ⅲ作業 床下に部品取り付け | トップページ | 南薩へ »