« マニ60Ⅲ作業 床下にサーフェイサー | トップページ | しばらく休止 »

2017年3月16日 (木)

マニ60Ⅲ作業 床下塗装

 昨日は鹿児島にクイーンエリザベスが入港しました。妻は鹿児島のクルーズ船おもてなし隊として出迎えたようです。写真が貼付されたメールが届きました。他のクルーズ船に比べても圧倒的な存在感だったとか。天気が良く、雄大な桜島を堪能していただけたのは幸いでした。
 ニュースを見ていましたらJR貨物が黒字化移行とのこと。トラックのドライバー不足で、鉄道輸送の需要が増したのが要因のようです。鉄道で拠点間輸送をし、末端をトラックによる輸送でカバーするというエネルギーコストのかからない効率的な方法がより定着するきっかけになればと思います。

 先日南薩を訪れたときに再会したキハ103です。地元新聞でも昨年、取り上げられましたが、退職を前にある職員の方が整備されたそうです。現役のとき以上に美しい姿になっています。屋根の上も鳩の糞などで汚れていましたが、現役当時と同じ白い色が塗られました。ここに同僚のキハ300もいたらと、すべて解体されたことが惜しまれます。

Dsc_0969
 隣にいるスイッチャーは、岩崎産業の重富にあった枕木工場で働いていた移動機。南薩鉄道や南薩線には直接関係ありませんが、経営を引き継いだ岩崎産業が所有していたということで一緒に保存されています。

Dsc_0970
 マニ60の作業を少し進めました。サーフェイサーを吹いた床下に、エアブラシで半艶黒を吹きました。まだ乾いていたない状態ですので、てかてかです。

Dsc_0997

|

« マニ60Ⅲ作業 床下にサーフェイサー | トップページ | しばらく休止 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マニ60Ⅲ作業 床下塗装:

« マニ60Ⅲ作業 床下にサーフェイサー | トップページ | しばらく休止 »