« 153系冷改作業 屋根にクリア | トップページ | 153系冷改作業 屋根の表情は? »

2017年7月26日 (水)

153系冷改作業 戸当たりゴム

 153系実車の写真を見るとドアの戸当たり部分のゴムが外からもグレーではっきり見えます。製品を見てみますと、きちんとモールドで表現され、ドアと車体の間に細い溝があります。こんな細かいところまで表現しているんですね。
 この溝に塗料を流し込めば何とかなるのではないかと思い、試行してみました。黒と白のエナメルを適当に調合しグレーとし、面相筆で溝に沿って色入れをしました。適当に入れて写真のような感じです。ドアの左側です。

Dsc_0171
 乾いたところで溶剤をしみこませた綿棒等で溝以外の部分を拭き取りました。だいたい思ったような仕上がりになったので、残りの車両にも施すことにしました。

 写真はサロのドア。右側に戸当たりゴムのグレーが入りました。

Dsc_0172
 こちらは普通車のもの。グレーのエナメルがまだきちんと拭き取れていませんね。写真で拡大すると気づきます。改めてチェックして拭き取っていこうと思います。ドアのガイド帯も表現されています。さて、こちらはどうしましょう。

Dsc_0174

|

« 153系冷改作業 屋根にクリア | トップページ | 153系冷改作業 屋根の表情は? »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 153系冷改作業 戸当たりゴム:

« 153系冷改作業 屋根にクリア | トップページ | 153系冷改作業 屋根の表情は? »