« F1 | トップページ | 40系電車作業 下回りウェザリング »

2017年9月22日 (金)

153系試運転

 平日ですが、祝日勤務があったため、その振替で今日は休みです。午前中、島を離れる人の見送りに行ってきました。朝方まで強い雨が降っていましたが、幸いよい天気になってきました。たくさんの人が見送りに集まってくれました。

Dsc_0862
 船の別れはつらいものがありますが、高速船はデッキに出ることができませんので、船特有の風情はあまりありません。もちろん紙テープを引くこともできません。しばらくの間、遠い外国へ行くのだそうです。

Dsc_0865
 座敷にレールを敷き、153系の試運転を行いました。購入以来、1回も通電していませんし、作業で分解していましたので、ライトが点くのか、走るのか心配でしたが、1両ずつチェックしたところ問題なしでほっとしました。
 折角塗装した車輪の塗膜を傷つけないようにリレーラーを使って慎重にレール上へ。当初のトミックスの電車系の動力はKATOに比べると起動がかっくんとなり、ややラビットスタート気味。153系の起動はどうでしょう。実になめらかな起動で実車の発車のようです。モーター音も静かでどの車両が動力車なのか分からないくらいです。ライト系も明るく、ちらつきもありません。まずは100点満点の運転状況。レールを敷いた二間では12両の編成が直線になる長さは確保できませんが、別の部屋を使えば何とかなりそうです。
 初めて編成として組んでみましたが、屋根のウェザリングの状況も製品のままより実車の感覚に近づいており、効果があることが確認できました。

Dsc_0872
 新聞の広告欄に日航123便関連の本が載っていましたので、ネットで購入して読んでみました。事故当日より謎と疑問の多い事故です。これまで日航123便関連の本は出版されるごとに読んでみましたが、これだけ明らかな事実と証言と不可解な事実があるにもかかわらず大きな問題として扱われないのが不思議です。いつの日が真実はこうでしたと、関係者の口から語られることがあるのでしょうか。

Dsc_0874

|

« F1 | トップページ | 40系電車作業 下回りウェザリング »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 153系試運転:

« F1 | トップページ | 40系電車作業 下回りウェザリング »