« 小杉谷 | トップページ | 153系冷改作業 サロ163の表情 »

2017年9月 3日 (日)

40系電車作業 分解

 次の工場入り車両は、カトーのクモハ40、クモハ41、クハ55になりました。狭い場所での運転に適していますので、こちらの住宅での運用が即可能になるのが主な選定理由です。
3両ですので、一気にばらしました。下地処理など、一度に行えるものは一回で済ませた方が効率的であることが、これまで作業で得た教訓です。
 取り付け部品、そして取りはずした部品は中性洗剤で塗装に備えて洗浄しました。

Dsc_0620
 動力車の足回り分解は少々苦労しました。はめ込みの構造が理解できると後の作業はすらすらと進みます。プラですので破損が心配であまり無理なことはできません。

Dsc_0619
 抜け殻になった車体。屋根は古い設計ですので、つめでひっかけてスライドさせる構造になっています。少々固いのですが、何とか外すことができました。こちらもつめを破損しないか、どきどきです。

Dsc_0621

|

« 小杉谷 | トップページ | 153系冷改作業 サロ163の表情 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 40系電車作業 分解:

« 小杉谷 | トップページ | 153系冷改作業 サロ163の表情 »