« 40系電車作業 分解 | トップページ | 153系冷改作業 竣工写真 »

2017年9月 9日 (土)

153系冷改作業 サロ163の表情

 今日は午前中仕事でした。子どもの通う高校の体育大会が行われているのですが、今回は行けずじまい。別の高校の体育大会に出席するのが仕事という何とも皮肉なことになりました。日程的に来年も同じことになりそうです。

 40系の作業はどうも遅々として進んでおりません。車輪の踏面と軸端のマスキングくらいです。これから夕食までの間、若干進めようかと思っているところです。

 153系のサロ163を写真に撮ってみました。全体はこんな感じに仕上がりました。

Dsc_0713 以前、記しましたとおり、床下と屋根にウェザリング、座席を塗装、車体はきれいに整備された状態としてあります。

Dsc_0710_2
 回送用の簡易運転台側。編成に入ると見えなくなる幌は今回は塗装しませんでした。車輪の踏面だけが光っているという表情は是非とも再現したい部分です。この方向から見える座席は裏側になります。

Dsc_0711
 
 横から。足回りはプラのままより落ち着いた感じになりました。

Dsc_0710_3
 台車とトイレ流し管。見事な成形技術だと感心します。

Dsc_0708
 グリーン車は窓が大きく、枕カバーも目立ちますので、塗装のかいがあります。

Dsc_0707
 最後に上から。お座敷運転ではこの角度から見ることが多くなります。汚くならない程度に実際の車両の屋根の表情を再現できればよいのですが・・・。

Dsc_0709

|

« 40系電車作業 分解 | トップページ | 153系冷改作業 竣工写真 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。お久しぶりです。
サロ163ですか。。。乗りましたねぇ~、トップナンバー。
当然、急行運用ではなく大垣夜行344Mでした。

個人的には一段下降式の美しい二連窓が大好きで、格下げられたサロ112共々、憧れの車両でありました。
当然、交直両用のサロも同じなんですけど、播州人としては湘南色にライトグリーンの帯が白眉の存在でした。

類似のデザインとしては、117系100番台がこれに近く、気に入ってました。残念ながら0番台と混結されてるようで、往年の編成美を見ることは出来なくなりました(泪)

こうして模型で再現されているのを拝見できることが、非常に有り難く思っている処です♪

投稿: ひょん君 | 2017年9月 9日 (土) 21時33分

ひょん君様、こんにちは。
トップナンバーにご乗車の経験があるんですね。私にはまったくの縁なしです。急行形グリーン車の代名詞のような一段下降窓は高級感があり、デザイン的にも秀逸なものがあるように思います。模型的には編成のアクセントとなって変化を楽しめ、ありがたい存在です。117系にもそれに近い仕様のものあったのですね。こちらにいると浦島太郎状態です。

投稿: Nakachan | 2017年9月10日 (日) 15時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532263/65769547

この記事へのトラックバック一覧です: 153系冷改作業 サロ163の表情:

« 40系電車作業 分解 | トップページ | 153系冷改作業 竣工写真 »