« 自家用DC全般検査 | トップページ | 115系1000作業 引き続き妻面表記転写 »

2017年10月25日 (水)

115系1000作業 換算表記&検査表記

 昨日の午前中は敷地内の芝刈りをしました。ずっと雨続きで外での作業ができずにいました。全体の半分が終わりましたので,残りは本日でしょうか。デスクでの仕事だけではなく,外仕事もあるのは健康のためにも良さそうです。

 早朝の作業として115系の妻面に換算表記と検査表記のインレタ転写を行いました。位置については,模型の説明書とネットで見つけた実物の写真を参考にして決めました。

 クハ115です。換算表記と検査表記は別になっていますので,それぞれ転写します。切り出すときに定規を使って水平と垂直をきちんととってカットすることが,位置決めをするときにやりやすくすることにつながります。実物の写真を見ると,検査表記の四角枠が塗り分け線の中央付近に来るようでしたので,そのようにしました。また,転写する前に傾きや位置のずれがないか写真のポジをライトボックス上でチェックするルーペを使って最終確認をするようにしました。これまで写真で拡大してずれに気付くということがありましたので,より慎重に作業を進めるようにしました。
 転写することによって現役の車両らしさがアップします。
Dsc_0433

 こちらはモハ114。実物写真を見ると手すりと手すりの間に換算表記も検査表記も収まっています。しかし,これは出場工場などによる個体差があるのかもしれません。模型の説明書では,手すりの上下に分かれて転写するように図示されていました。
 換算表記と検査表記の縦の合計寸法は5㎜。模型の手すり間の寸法もほぼ5㎜。入らないことはありませんが,かなり無理があり,仕上がりに影響しそうです。よって,説明書どおり手すりの上下に分けて転写することにしました。換算表記は手すりの直上,検査表記は塗り分け線の中心としました。

Dsc_0432

|

« 自家用DC全般検査 | トップページ | 115系1000作業 引き続き妻面表記転写 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532263/65960720

この記事へのトラックバック一覧です: 115系1000作業 換算表記&検査表記:

« 自家用DC全般検査 | トップページ | 115系1000作業 引き続き妻面表記転写 »