« 115系1000作業 車体分解 | トップページ | 115系1000作業 沓ずり作業続き »

2017年12月18日 (月)

115系1000作業 ドア色差し

 昨日、NHK大河ドラマの最終回でした。最後のもっとも印象的でクライマックスという場面で地震のテロップが流れました。視聴者もですが関係者もがっかりしたのではないかと思います。ドラマへの集中力が削がれ、台無しとまではいかなくとも、クラシックコンサートの静かに曲が流れているところで不注意な人のスマホ着信音が鳴ったのと同じくらいの出来事のような気もしました。震度は3。確かに必要な情報ではありますが、何か工夫の余地はないのかとしっくりこないままドラマは終わってしまいました。

 クハの顔に手すりを取り付けました。0.05ミリのピンバイスで若干入り口側をさらった上で取り付けました。のっぺらぼうでなくなり、しまった表情になってきました。

Dsc_0102
 客室ドアの戸当たり部分にゴムを表現したグレーの色差しを試行してみました。エナメルを調色したものを面相筆で色差しし、はみ出した部分は乾燥後に溶剤で湿らせたふき取り用の用具でふき取りました。また、沓ずりの部分もステンレスの表現として銀を入れてみました。こちらは、簡易的に銀色のポスカを使ってみました。ポスカはこの後行うクリア吹きの溶剤で流れてしまわないか検証してみました。問題なしでしたので一安心。

Dsc_0104

|

« 115系1000作業 車体分解 | トップページ | 115系1000作業 沓ずり作業続き »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 115系1000作業 ドア色差し:

« 115系1000作業 車体分解 | トップページ | 115系1000作業 沓ずり作業続き »