« 115系1000作業 運転室終了 | トップページ | 115系1000作業 ドア色差し »

2017年12月17日 (日)

115系1000作業 車体分解

 昨日、京浜東北線で架線断線の事故が発生しました。未明に行われた工事が不適切だったことが原因と伝えられていました。また、先日は新幹線の台車の不具合が重大インシデントであったと発表されました。前者においては不適切な工事とその後の確認作業の欠落という二重のミス、後者も不具合発生とそれを認識しながら3時間も運行を続けてしまったという二重の出来事の事案です。
 このところ日本ではそこで働く人の技術や技能的課題による事故等が増えているようです。これまでの安全は決して安穏として支えられてきたものではなく、マンパワーとの兼ね合いがあったことは間違いありません。AIなど、技術の進歩は著しいものがありますが、一方で人間が退化していってはいつか大きなしっぺ返しを被るような気がしてなりません。
 JR九州が大幅な減便と区間短縮を発表しました。来るときが来てしまったという印象です。大都市圏や都市間輸送はともかく、地方では自動車による交通の利便性が高まり、鉄道は一部の人が利用するのみの交通手段となっています。長大な施設を必要とする鉄道にとってその特性を生かした輸送を行うことができない状況になっています。今回の減便により、路線によってはますます利便性が低くなり、現在利用している人も離れていってしまう可能性が大です。少子高齢化、地方の過疎化がどんどん進行中の日本。国内隅々まで国土として活性化させるためにも、鉄道という安心できるインフラでネットワークを確保していくことが必要だと思います。これは一交通事業者や地方の問題ではなく、国家としての問題だと思うのですが・・・

 115系の車体関係の作業を進めるために分解しました。貫通扉や窓ガラスなどを取りはずしました。窓ガラスパーツの側面の行き先表示部分が抜きにくかったのですが、外側から綿棒で押し込むと何とかなりました。

Dsc_0096
 取りはずしたパーツは、1号車から順に屋根パーツをお皿代わりにまとめておきました。

Dsc_0098
 お顔の手すりをつけることが次の作業になりそうです。コストがかかりますが、181系気動車のように金属パーツだったら締まるのですが。

Dsc_0099

|

« 115系1000作業 運転室終了 | トップページ | 115系1000作業 ドア色差し »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 115系1000作業 車体分解:

« 115系1000作業 運転室終了 | トップページ | 115系1000作業 ドア色差し »