« レムキット到着 | トップページ | 大時化 »

2017年12月27日 (水)

223系甲種輸送

 トラムウェイのレム5000とレム6000と一緒にトミックスの223系2000もやってきました。最大12両で組成される同形式。4両、6両、8両の編成があり、12両編成はこの編成を組み合わせています。今回は車両購入費を抑えるため、基本セットAと増結セットBで6両編成としました。増結セットBは付随車のみでモーターなしですので、お財布にも優しくなります。

Dsc_0261
 姿を現しました。関西の車両らしいクオリティが感じられます。塗色もシックです。鉄道模型というより、ここまで再現性が高められると工芸品を見ているような気がします。

Dsc_0262
 クハを取り出し、細部を見てみました。大きな正面窓からのぞく運転室の様子がよく見えます。それだけに仕切りなど見栄えの配慮がなされているようです。今回は運転室に標準仕様で室内灯がともるギミックがついています。

Dsc_0264 

 少し視点を下げてみます。実車の表情をよく捉えています。塗り分けも乱れが無く見事です。スカート周りも精密感たっぷり。

Dsc_0265
 サイドから。実車かと見紛うような再現性の高さ。モールドも精密ですが、塗装というか印刷なのでしょうか、破綻が全くありません。

Dsc_0273 

 連続窓から室内もよく見えます。このままでも十分ですが、シートを塗装するとさらに精密感が上がりそうです。

Dsc_0268_2
 車端もぬかりがありません。連結器周りもすばらしいですね。

Dsc_0270
 パンタ周り。こちらも細かいモールドや別パーツ化で精密感があります。

Dsc_0272
 ここまで再現性が高くなると、車両自体にあまり興味が無くとも模型そのものの魅力で手を出していくことになりそうです。

|

« レムキット到着 | トップページ | 大時化 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 223系甲種輸送:

« レムキット到着 | トップページ | 大時化 »