« 115系1000作業 車側灯取付 | トップページ | 115系1000作業 トイレタンク塗装 »

2018年1月19日 (金)

イプシロン3号機

 115系の車側表示灯の取付が6両目まで終わりました。あと1両。すんなり取付穴の中に投入できる場合もあれば、何度も繰り返しますが入らない場合もあります。ゴマ粒より小さなパーツですのでどうも思うようにいきません。予備パーツまで使って何とか足りそうです。

 昨日のイプシロン3号機の打ち上げ。真っ暗ですので撮影は難しいだろうと考えていました。ダメ元でシャッターを切ると、適正露出になるまでかなりの時間、シャッターが開いたままです。手持ち撮影ですから、ぶれます。できるだけぶれないように体を三脚状態にして構えました。カメラに設定された標準的な適正露出で記録したのは下の画像。肉眼で見える様子より明るく写っています。

Dsc_0677

 下に見えるのは太平洋。漁船の灯火が見えます。広角側いっぱいでの撮影。イプシロンは南の方へ。

Dsc_0680 南下するイプシロンが右下に写っています。そして通り過ぎた空間に青と赤の帯状の光が見えました。肉眼ではこれほどはっきり色合いはわかりませんが、カメラのモニターでは驚くほど鮮やかに記録された画像を見ることができました。

Dsc_0687
 さらにイプシロンは南下。水平線には夜明け時の朝焼け色が見え始めてきています。

Dsc_0690
 イプシロンが飛び去った後も鮮やかな帯状の発光する雲のようなものが残りました。縦に並ぶ星座はさそり座です。

Dsc_0694
 いよいよ東の空が明るくなってきました。ニュースではイプシロンの打ち上げとともに上空に現れたくねくねした鮮やかな雲も注目されていました。通常の雲より高い位置にできた雲が太陽の光を受けて鮮やかに見える現象とのことでした。

Dsc_0699

|

« 115系1000作業 車側灯取付 | トップページ | 115系1000作業 トイレタンク塗装 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イプシロン3号機:

« 115系1000作業 車側灯取付 | トップページ | 115系1000作業 トイレタンク塗装 »