« 新年おめでとうございます | トップページ | 小運転 »

2018年1月 4日 (木)

船まつり

 地域の行事の船まつり(ふなまつり)です。毎年2日に行われるそうです。小さな漁港が近くにあるのですが、そこを基地として漁をされる方々が所属す漁協の小組合が行っています。従事者が減り、今では数人にまでなっています。
 弁差師という役割があり、小組合のかじ取り役をするような仕事をされるそうです。ネットでこの言葉を検索してみましたがヒットしません。平仮名で調べてみると「弁指し」にヒットし、役割も同じようなものでした。言葉で説明されたので、私の聞き違いか勘違いかもしれません。ただし、最後の「師」だけは教師の「師」を使うと強調されたので、これは間違いありません。
 地域によって変化したものかもしれません。また機会があったら詳しく聞いてみたいと思います。
 このべんざしが交代する式でもあるそうで、屋内で行われた式では名調子の歌も披露されました。歴史を感じる歌で敬虔な気持ちになりました。
 正午前、準備されたカマスの干物が集まった人たちへ振舞われます。波にのる魚をイメージしているそうで、高く投げ上げられ、それを捕まえたり拾ったりしていきます。海の幸への感謝と豊漁への願いが込められているのでしょう。
 きれいに見える海ですが、島の農地などから流れ込んだ土砂の堆積で、以前に比べると環境の悪化がかなり進んでいるのだそうです。こんなところでも環境破壊が起こっていることに驚きました。

Dsc_0333
 115系の作業は屋根へと移りますが、まとまった時間がほしいので、短時間でできることを少しずつやっています。一部の車両の床板に台車を取り付けました。試しに車体をのっけてみました。薄暗い蛍光灯の光で撮っていますので、色合いがちょっと変に写っています。

Dsc_0387

|

« 新年おめでとうございます | トップページ | 小運転 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532263/66240529

この記事へのトラックバック一覧です: 船まつり:

« 新年おめでとうございます | トップページ | 小運転 »