« トワイライト作業4 分解開始 | トップページ | お幸せに »

2018年2月 4日 (日)

高速船の窓から

 今朝は鹿児島市内も各家の屋根にうっすら雪が積もる朝となりました。昨日、所用で鹿児島へやってきました。今回は時間の都合から高速船を利用しました。相変わらずの時化で、鹿児島湾内もいつもより波が高く、小刻みな振動が続きました。

 指宿沖でフェリーきかいをパス。鹿児島港へ向かって力強く航行する姿に、離島と本土を結ぶ使命感のようなものを感じました。

Dsc_0030

 JX喜入石油基地に向かうタンカー。高速船は迂回してかわしていきます。かなり大きな船です。

Dsc_0033
 「日王」と記してありました。調べてみるとJXのタンカーで全長333メートル、全幅60メートル、重量トン数30万トンとありました。東京タワーが航行しているようなものです。沈み込んで黒のみ見えていますが、喫水から下は赤。空荷になると見上げるような大きなタンカーのようです。

Dsc_0035
 屋久島行きと種子島行きの船がやってきました。手前が屋久島行き「フェリー屋久島2」、奥が種子島行き「プリンセスわかさ」。屋久島行きが8時30分、種子島行きが8時40分発です。毎日、仲良くそれぞれの島へ向かいます。日帰り航行で、帰港はプリンセスわかさが17時30分、フェリー屋久島2が17時40分とこちらも仲良く帰って来ます。

Dsc_0037
 フェリー屋久島2。

Dsc_0040
 プリンセスわかさ。

Dsc_0044
 フェリーみしまが出港。

Dsc_0046

|

« トワイライト作業4 分解開始 | トップページ | お幸せに »

船舶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高速船の窓から:

« トワイライト作業4 分解開始 | トップページ | お幸せに »