« トワイライト作業23 トイレタンク | トップページ | トワイライト作業24 屋根マスキング »

2018年3月 9日 (金)

スケール速度

 6畳間に敷設した複線エンドレス。内回り線に115系7連。外回り線に153系12連。これまでどおりの陣容です。畳の上を走り回るだけですが、生活の中での隙間時間に少しだけ楽しむには十分です。ジョイント音を響かせながら走る姿に癒されます。

 ユーチューブで鉄道模型の運転の様子を見るのも楽しみの一つです。いろいろなものがアップされていますので、居ながらにして運転会に参加しているような気分になることができます。そんな運転の様子を見ていて気になることがあります。

 スケール速度を大幅に上回る速度で走り回る列車。急曲線をジェットコースターのように高速で走り抜ける列車。ポイントの反位側を身を急激にくねらせながら通過する列車。急発進に急停車。高速での推進運転。

 最近の模型は設計や成型技術の飛躍的向上で精密感あふれるものになっています。集合式レイアウトでは究極ともいえるようなシーナリーを備えたものもあります。当然、運行の仕方も実物に準じたものにすることが自然と言えます。

 ユーチューブで見ることのあるスケール運転から大幅に逸脱した運転には首をひねってしまいます。どうしてそのような運転になってしまうのでしょうか。

 春本番が近づき、海の様子もこの季節ならではの光景になってきました。東に広がる太平洋。大きなうねりが次々と押し寄せてきます。サーフィンのメッカといわれる所以でしょうか。

Dsc_0580
 海岸近くになると波が砕けます。

Dsc_0582

|

« トワイライト作業23 トイレタンク | トップページ | トワイライト作業24 屋根マスキング »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スケール速度:

« トワイライト作業23 トイレタンク | トップページ | トワイライト作業24 屋根マスキング »